スタイリスト 中野みずきさん

先日開催されましたオープンキャンパスのゲストに、

卒業生でスタイリストの中野みずきさんが来校されました。

 

 

現在のお仕事内容を教えてください。

「雑誌媒体と広告関係の仕事をしています」

 

撮影のお仕事が入ったときは、どういった動きをするんですか?

「広告、雑誌関係なく依頼があれば、世界観を作り出すものなどを全部一貫してスタイリングをやっています。

 例えば、衣装以外にも背景の小物、商品のイメージカットのときに添えるレースや羽のオブジェなど小道具も用意するんですよ。

 また、実際に現場へ行ってから、日当りなどで撮影場所を調整することもあるので、臨機応変に対応するようにしています」

 

仕事内容によって気をつけていることや違いなどはありますか?

「宣伝する商品が決まっている広告撮影は、イメージに合うものを探してきたり自分で作ったりして、とにかく世界観に合うものを日本中から集めるという仕事なんです。

 雑誌はというと……みんな雑誌を読んでいて『これ可愛いな』と思ったら、どこで売ってるか調べますよね。せっかく『可愛い』『欲しい』と思っても“スタイリスト私物”だったら買えないので、雑誌はいかにたくさんのお店やプレスからアイテムを集められるかが勝負になってきます」

 

このお仕事の魅力はなんですか?

「もともと雑誌が好きだったので、編集のお仕事にも興味があったんです。どちらにチャレンジするかというときに、スタイリストの “世界観を作る”ところが面白そうだなと魅力を感じました」

 

やりがいを感じるときはどんなときですか?

「表紙をてがけた雑誌が、3冊くらい一緒に並ぶタイミングがあったんです!雑誌は“クレジット”といって、名前が載るのですごく嬉しいし、自分が関わった作品が世の中に出てると、やっていてよかったなって思います」

 

心がけていることや注意していることはありますか?

「スタイリストというのは、モデルさんに洋服をただ着せればいいってわけじゃなくて。服をよく見せるために『こういうふうに動いてほしい』というのをモデルさんに伝えたり、カメラマンさんに『こういうカットを撮ってほしい』とオーダーしたりするようにしています。

 この仕事は、返却準備が終わらなくて一人で徹夜したり、徹夜明けで撮影したりと、大変なこともあります。でも、好きでやってる仕事なので、思いつめるんじゃなくて、どこかに楽しさを見出してやるように心がけてます」

 

学校で学んだことで役立ったことはありますか?

「コサージュとか、雑貨を作る『小物製作』の授業。一見、スタイリストには関係ないように感じるかもしれません。でも、研修に行ったときに『この時間までに、花とかフルーツを縫いつけてほしいんだけどやってくれる?』って急に言われたんです。勉強していたから、どうすればいいか分かったんですよね。そういう実践的な授業がすごく役に立ったなと思います」

 

最後にメッセージをお願いします。

「今は情報をキャッチしようと思えばキャッチできる時代。つまり、自分か発信しやすい時代でもあるから、何が好きかというのを大切にしてほしいと思ます。自分が持ってる世界観を大事に育てて、発信していってもらえたらと思ます。」

 

中野さん、ありがとうございました!