株式会社マッシュスタイルラボ 小澤宏太さん

 

先日開催されたOpen Collegeのゲストに、本校デザイナーコースの卒業生で、現在は株式会社マッシュスタイルラボでご活躍中の小澤宏太さんがいらっしゃいました。

 

 

卒業後すぐは、株式会社東光商事にデザイナーとして就職した小澤さん。デザイナーを志したきっかけはなんでしたか?

「とにかく服が好きだったので、好きなことを仕事にしたいと思ったのがきっかけです。それまでは服の勉強をしたことが無かったのですが、好きという気持ちだけで入学しました。実際この学校で勉強をして、デザイナーとして就職ができました」

 

デザイナーというのは、どんな人が向いていると思いますか?

「一概にデザイナーと言っても、本当に色々な人間がいるんですよ。僕は完全に“情報型”のデザイナーです。他社では、今これが売れているから、こういうデザインにしようとか考えています。他にも、感覚的でクリエイティブなデザイナーもいるし、人によって全然違うので、どんな人が向いているのかというのは特に無くて、“売れるものを作りたいという意欲”と“ファッションが好きという気持ち”があれば、どんな人でもなれると思いますよ」

 

現在はどのようなお仕事をされているんですか?

「現在は生産管理とMDを一部担当しています。生産管理部では素材を手配して、それを布にして、服を作るということをやっています。洋服生産のスタート地点のような感じですね。僕の一言や判断で、お店やスタッフが動いていく責任感はとても重いですが、その分やり甲斐はすごくあります」

 

 

tfacに入学を決めた理由はなんでしたか?

「他の専門学校も何校も回ったのですが、先生との距離の近さが一番のポイントになりました。実際、入学してからは色んな先生とコミュニケーションをとることができて、色んなことを教えていただき、それが就職にも仕事にも役立っています。」

 

tfacで学んだことで一番役立ったことはなんですか?

「学校で勉強したことは全て役立っています。素材のことはもちろん、マーケティングやリサーチの方法なども学びました。強いて言えば『産学協同授業』が一番かもしれないですね。デザイン画を描いて、現役のデザイナーさんに評価していただきました。社会に出てから経験するようなことを、学生のうちに学べたのが良かったと思います」

 

最後に、ファッション業界を目指す皆さんにメッセージをお願いします。

「今、持っている“好き”という気持ちを忘れなければ、夢を叶えられると思います。tfacの卒業生と一緒に仕事をしていきたいと思っているので、ぜひ頑張ってください!」

 

小澤さん、ありがとうございました!