リーバイ・ストラウス ジャパン株式会社 佐藤優衣さん

先日開催されました体験入学のゲストに、本校3年専攻科の卒業生で、現在はリーバイ・ストラウス ジャパン株式会社に、国内に数名しかいないジーンズのカスタマイズを手がけるテーラーとして勤務されている佐藤優衣さんにお越しいただきました!

 

 

現在のお仕事に就いた経緯を教えてください!

「今私がしているのは、ジーンズのシルエットを変化させたり、刺繍をしたり、ダメージを加えたりして、お客様の望むジーンズを作り上げる”テーラー”という仕事です。

 私は1年生の頃から、色んなことへの興味が尽きなくて。岡山県は、日本でも有数のジーンズの生産地で、ジーンズを作る方がたくさんいらっしゃいます。直接見に行ったこともありました(笑)。卒業してすぐはフリーで裾上げの仕事をしていたのですが、テーラーのアシスタントをさせていただくようになり、そして今の仕事に就いたという流れです」

 

このお仕事の魅力はなんですか?

「お客様は、こういうのを作りたいというビジョンを持っていらっしゃるので、理想通りの物にして、お客様に喜んでいただくことがやりがいです」

 

大変なことはどんなことですか?

「依頼を受けてから作り上げるまで、スケジュールの管理も自分でしなくてはいけません。納期があるので、どのような段取りで製作するのかというマネージメントも自分でしています。今1番それに苦戦していますね」

 

お仕事をする上で心がけていることはどんなことですか?

「私はデザイナーコース出身で、もともとはデザイナーを目指していました。プレゼンしたいというか、自分の話を聞いてほしい! ってなっちゃうときがあって。でもこのお仕事は、お客様の話をしっかり聞いて、提案することが大事なので。自分の意見ばかりを押し付けない。コミュニケーションが凄く大事なんだなと日々実感しています」

 

 

tfac に入学を決めた理由はなんでしたか?

「東京って色んな専門学校があるので、ほとんど回りましたし、tfacの体験入学にも3回くらい来たんですよ。私は服は大好きでしたが、全く作れなかったんですよね(笑)。1からちゃんと教えてくれるところが良いって考えていたので、この学校のカリキュラムなら安心だなって思いました。それと、学校の雰囲気ですね! 先生と学生がすごく仲良くて。私が体験入学に来た時に、ファッションの話で盛り上がっているのを見て、距離が近いからこそ、先生と色んな話ができるんだなって思ったんです」

 

学校で学んだことで、今も役立っていると感じることは何ですか?

「ほとんど役に立ってます。特に『パターンメイキング』の授業でやった”コピー商品”。デザイン画がない状態で、自分の持っている服と全く同じものを違う生地で作るという内容です。今やっている仕事も製図がないので、今あるものを利用して数値を出す方法を勉強しておけたのはかなり大きかったと思います!」

 

最後に一言、メッセージをお願いします!

「今の時期、すごく迷ってると思うんですよね。私、帽子のデザイナーになりたいと思っていた時期もあって、そのときは帽子を作っているアトリエに研修に行かせていただきました。あと、生地について全然知識がなかったので、生地屋でアルバイトしていましたし、デザイン画がうまくなりたかったので、デザイン系のイベントに行ったりもしました。学校のロビーには映画や美術展のお知らせが掲示してあるので、積極的に行くようにしていましたね。そしたら、先生から声をかけてもらうこともあって、先生ってよく見ているんだなって思った記憶があります(笑)。学生のうちって、本当に色んなことができる期間だと思うんです。やりたいと思ったことはなんでもやってみると良いと思います。違うって思ったとしても全然やり直せます! 頑張ってください!」

 

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

次回open college は1/18の1DAYです。

クリアバック製作も今年Ver.にアップデートしてます♪

 

クリアポーチも入荷しました♡

詳しくは下記ページをご確認ください。

http://www.tfac.ac.jp/open_college/

【学校見学を随時受け付けています】
授業見学のご予約は下記URLから予約フォームでお受けしています。

見学申し込み

 

♦資料請求・学校見学・オープンカレッジがLINEで簡単に

申込ができるようになりました。

 

お友達追加お願いします♪♪

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★