劇団わたあめ工場 高橋真子さん

先日開催された体験入学のゲストに、本校アパレル造形科デザイナーコース卒業生で、現在は劇団わたあめ工場の劇団員・衣装製作として20体前後の衣装製作を担当されている高橋真子さんにお越しいただきました。

 

現在のお仕事について詳しく教えてください。

「わたあめ工場の『花斑病』という公演から、衣装製作を担当しています。先日の『Syng til måne』という公演では、キャラクター20体分計50着位の衣装を1ヶ月ちょっとで製作しました。脚本家・演出家さんが衣装のデザインを描いてくれるので、それをいただいてからパターンを引き、布を裁断して縫製をし、フィッテイングをして修正し、仕上げていきます。もちろん作りながらの修正もなんどもありますが、公演日は決まっているので、納期はズラせません。時間との戦いですね」

 

このお仕事の魅力はなんですか?

「全員が衣装を着て舞台上に揃ったときは、やっぱり感動します。号泣しながら、他のスタッフさんともやってよかったって話しますね」

 

大変なことはなんですか?

「孤独なところでしょうか? 稽古場は都内なんですが、私は今郊外に住んでおりまして。自宅で作業しているので、稽古場にはなかなか行けないので寂しいですね」

お仕事をする上で心がけていることはありますか?

「買い物とかに行って可愛い服を見ると、こういうパターンで作ってるんだなとか、どんな生地なのかを見たりとかしますね。他にも、インテリアショップや100円ショップには衣装に使えそうなものがあるので、日頃からチェックするようにしていますね。職業病です」

 

 

学生時代の思い出は?

「やっぱり1番は卒業製作ファッションショーですね。洋服の上にチェーンを組み立てたパーツをつけたものを作って。総重量何キロあったのかな……(笑)。他にも、スポーツイベントや運動会など、tfacはイベントがいっぱいありましたね。毎回オリジナルのコスプレをしていました」

 

tfacに入学を決めた理由はなんでしたか?

「学校を選ぶ時、通学時間があまりかからず、自己推薦入学を使えるところを探していました。その中でtfacを見つけて、高校2年生のときに初めて体験入学に参加しました。そのときの学校の雰囲気も良かったし、先輩や先生方にも良くしていただいて入学を来ました。授業も10時からスタートなので、夜製作に没頭してしまって夜更かししてもゆっくり登校できたところも良かったですね!」

 

最後に一言、メッセージをお願いします!

「自分の好きなことをやり続けてほしいです。何かになりたいって思った時、道は一つじゃないので、色んなことを経験してください!」

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

次回open college は3/28,29の2DAY&1DAYです。

クリアバック製作も今年Ver.にアップデートしてます♪

 

クリアポーチも入荷しました♡

詳しくは下記ページをご確認ください。

http://www.tfac.ac.jp/open_college/

【学校見学を随時受け付けています】
授業見学のご予約は下記URLから予約フォームでお受けしています。

見学申し込み

 

♦資料請求・学校見学・オープンカレッジがLINEで簡単に

申込ができるようになりました。

 

お友達追加お願いします♪♪

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★