スタイリスト 高野夏季さん

本校スタイリスト科卒業生で、現在はフリーランスのスタイリストとしてご活躍されている高野夏季さんが、先日の体験入学ゲストにお越しくださいました。

様々な媒体でご活躍中の高野さんですが、テレビでのお仕事の流れを教えていただけますか?

「スタイリングの発注を受けて、まずは事前に撮影場所などを確認するようにしています。それからセットの色合いなども含め、画面で映えるような組み合わせを考えて衣装を集めています。お借りした衣装は、撮影後にタグ付けやアイロンがけをして、綺麗な状態に戻してから返却するという流れになりますね。」

 

では、雑誌の場合はいかがですか?

「お借りした時の状態にして返却するまではほぼ同じ工程ですが、クレジット作業があります。読者の方に、モデルさんが何を着ているのかをしっかり伝えなければならないので、ブランド名や値段を商品ごとにPCに打ち込んで、雑誌の担当の方に提出しています。」

 

スタイリストの魅了はどんなところですか?

「私が思う一番の魅力は、最新のお洋服を手にとって見られることです。自分では着ないお洋服を誰かに着せる喜びもありますね。ハイブランドのお洋服はなかなか自分では買えないですが、媒体によってはリースして着せることができるので本当に楽しいですよ。」

 

お仕事をするうえで心がけていることがあれば教えてください。

「現場でミスをしないように、事前にしっかり準備と確認をすることですかね。常にトラブルを想定して、決まりのお洋服以外にもプラスで5着ほどは別の物を用意しています。インナーや靴も予備を持っていきますよ。撮影当日に、他のスタイリストさんが担当する出演者のお洋服が分かることもあるので、色や形が被らないようにバリエーションもあると安心です!」

 

tfacに入学を決めた理由を教えてください。

「研修制度が充実していたことだったと思います。実際に入学して、雑誌、テレビ、広告もカタログも行きました!学校での研修を通して自分のやりたいこと、アシスタントとしてつきたいスタイリストさんを見つけられたのは本当に良かったです。私はどちらかというと、質問して納得しないと気がすまないタイプなので、教えてくれる先生との距離が近いという環境も決め手でした。」

 

学生時代に学んで役に立っていることはありますか?

「裾をあげるまつり縫いやウエストのつめ方など、現場でちょっとした縫い物をするときにtfacでの授業が役に立っていると実感しています。クライアントに衣装のプレゼンをする際にも、当時の経験が活かされていることが沢山ありますね。こちらが専門用語を分かっていると、相手にも納得してもらいやすいと思うので、生地の名前や特徴、ディテールなど勉強していて良かったです。」

 

今は、高野さんが研修生を呼ぶ立場になっていると思いますが…tfac生達はどうですか?

「色々なところから研修生に参加していただいていますが、tfac生は断トツでアイロンがけも上手ですし、立ち振る舞いもしっかりしていますよ。tfacでは学校で研修指導を事前に受けますし、アシスタントとしての立場をきちんと分かっている子が来ているなという印象です。」

 

ファッション業界を目指すみなさんにメッセージをお願いします!

「興味があったらチャレンジしてみることが大事だと思います。そして、スタイリストはやる気があれば楽しめるお仕事ですので、ぜひ諦めずに挑戦してみてくださいね。」

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

次回open college は11/3オンライン&来校型にて開催予定です。

 

詳しくは下記ページをご確認ください。

http://www.tfac.ac.jp/open_college/

 

【Web学校見学を随時受け付けています】
授業見学のご予約は下記URLから予約フォームでお受けしています。

見学申し込み

 

♦資料請求・学校見学・WebオープンカレッジがLINEで簡単に

申込ができるようになりました。

お友達追加お願いします♪♪

友だち追加

 

♡tfac Instagramフォローお願いします♡

@tfac__official

Instagram

 

♡tfacモデル科  Instagram♡

@tfac___model

Instagram

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★