「フェムテック」

モデル科「栄養学」SHIMADA先生の授業を一部ご紹介します

 

 

フェムテックという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

Female(女性)とTechnology(テクノロジー)をかけあわせた造語で、

女性のライフステージにおける「生理・PMS・姙娠・更年期」など様々な

健康課題を解決できるプロダクトやサービスを指しています。

今後ますます拡がりが期待できる分野であり、女性が不調に悩まされず、

生き生きと働ける環境整備の一端になるのではと注目されています。

 

ちなみに女性だけが知っていれば良い情報ではありません。

社会は、男性も女性もチームとなって一緒に仕事をしています。

男性であっても女性の生理を知っておくことはとても大切✨

というわけで、モデル科の学生も勿論男女問わずみんなで「生理や排卵」それにまつわる栄養学を勉強していますよ👍

 

さて、先日フェムテックに関する展示会が東京国際展示場で開催されたのでレポートします。

Femtech Tokyoは今回記念すべき第一回目の開催です。

 

まず多かったのは、給水ショーツの出展です!

給水ショーツは、月経時にナプキンを使わずともショーツのみで経血を吸収できるすぐれものですが、

中には別売りのキットと連動させて経血量が測定できるものもありました。

経血量の多い/少ないはなかなか人と比べられず、主観に頼るところが多いので、

計測して数値化する事は大変意味があることだと思います。

女性は月経の度に血液を失うわけですから、経血量が多いほど貧血のリスクも高まります。

あまりに量が多いと子宮筋腫や子宮内膜症といった病気が隠れている可能性も…。

10代20代前半の子宮はまだまだ未熟で経血量が安定しなかったり、生理痛も感じやすい時期です。

痛みの原因はプロスタグランジンという生理活性物質ですが、乳製品やお肉に含まれる脂肪酸と関連があることがわかっています。

ちなみに20代半ば~30代になると子宮も成熟し、適切な食生活を送ることで一般的に生理痛は軽くなる傾向があるので、

安心してくださいね。

給水ショーツというと、ひと昔前までは、尿漏れ対策としてシニア向け商品で似たようなものが既にありましたが、

今回会場で目にしたプロダクトは若い女性でも手に取りやすいアースカラーや洗練されたデザインになっているのが印象的でした。

 

その他、日本ではまだなだ馴染みがうすい月経カップ、膣内環境を整えるサプリメント、骨盤底筋を鍛えるマシン、

デリケートゾーンのケア商品、自宅でできる体外受精キットなどなど、新しい分野だけあって商品は玉石混淆の雰囲気もありましたが、色々考えるきっかっけにもなって勉強になりました。

皆さんも、身の回りのフェムテック情報にぜひ目を向けてみてくださいね😉

 

SHIMADA

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

次回open college は11/20に開催予定です。

詳しくは下記よりご確認ください。

体験入学申し込み    こちら

https://www.tfac.ac.jp/open_college/

 

【Web学校見学を随時受け付けています】
授業見学のご予約は下記URLから予約フォームでお受けしています。

見学申し込み   こちら

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

次回open college は11/20に開催予定です。

詳しくは下記よりご確認ください。

体験入学申し込み    こちら

https://www.tfac.ac.jp/open_college/

 

【Web学校見学を随時受け付けています】
授業見学のご予約は下記URLから予約フォームでお受けしています。

見学申し込み   こちら

https://www.tfac.ac.jp/学校見学予約カレンダー/

 

 

♦資料請求・学校見学・WebオープンカレッジがLINEで簡単に

申込ができるようになりました。

お友達追加お願いします♪♪

友だち追加

♡tfac Instagramフォローお願いします♡

@tfac__official

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

♦資料請求・学校見学・WebオープンカレッジがLINEで簡単に

申込ができるようになりました。

お友達追加お願いします♪♪

友だち追加

♡tfac Instagramフォローお願いします♡

@tfac__official

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

アミナコレクション社コラボ『産学連携 Part 2』ファッションビジネス科

tfac Vlog.