カレッジ・ライフ

米山裕也さん×tfac在校生 座談会

体験入学終了後に行われた、本校卒業生の米山さんと1年生の座談会のレポートをお送りします。先日デビューしたアイドルグループをはじめ、数々の有名アーティストを担当している米山さんのお話に、各学生ともいつも以上に真剣なまなざしを送っていました。

 

 

学校の授業の中で、特に役に立っていることは?

「素材学の授業が役に立っていますね。見た目はイメージに近い生地だけど、伸びない素材だから動きが激しい部分には使えないな、とか。あとはMacは絵を描けると、ちょっとしたロゴをいちいちデザイナーに発注しないで済むので、スケジュールに余裕ができるので授業で勉強しておいて良かったと思いました」

 

学校の研修で学んだことはありますか?

「自分で勝手な判断をしないことですかね。例えば散らかっている本を片付けるように言われたとして、ただ閉じて終わりなのか、閉じて積み上げておくのか、本棚に入れておくのか、そのときの状況によっても違いますよね。以前は本棚に入れていたけど、今回は本棚に入れるよりほかのことをやってほしいかもしれない」

 

衣装デザイナーをしていて大変なことはなんですか?

「周囲の人は良いと思って色々なことを言ってくるんですね、こういうデザインがいいとか、この人にはこの色がいいとか。でも、仮にそういう意見に流されて、作ったものの評判が悪くても他人のせいにできないんです。自分が「これがいい」と思ったら、それを主張する折れない心も必要になると思います。他人の意見をまったく聞かないのも困るんですけどね」

 

 

一言も聞き漏らさないよう、身を乗り出すようにして米山さんのお話に聞き入っていた学生たち。スタイリストやデザイナーを目指す1年生にとって、米山さんの実戦的なアドバイスは大きな宝物になったようです。

 

米山さん、ありがとうございました!

 

 

2018年☆バス遠足

さあ、今年も行ってきました!

みんなが楽しみにしていた秋のバス遠足🤩

自分が行きたい方を2コースから選びます。


 

去年よりも1台増えて、

バス7台で学校からTDLへ出発〜〜🚌🚌🚌🚌🚌🚌🚌

 

 

 

到着後、記念写真を撮影📸★

 

 

まずは参加者の多かった

TDL一日満喫コース😁

 

 

出発時は少し雨☔が降っていましたが、

お昼頃には止みました☀!

 

ハロウィーン期間👻のTDLは

装飾やお土産がとってもカワイイ〜〜

 

 

食事券🍔を使って

好きなエリアで好きな食べ物を食べて…💖

アトラクションやパレードを満喫!!

 



みんなお揃いのTシャツ👗を着たり

アクセサリー💍を付けたり、、、

とってもカワイイね




アトラクションも空いていて

みんな大満足💗



閉園までみんな元気に楽しんでいました



さて続いては…

 

ゆっくり一日過ごしたい派の

ホテルランチ🍽&葛西水族館🐬のよくばりコース💎

 




お昼は豪華なビュッフェ🥩🍴

 

ランチの後は葛西臨海公園へ。。

ダイヤと花の大観覧車に乗って優雅な時間を満喫…🎡

 

 

そして、お楽しみの水族館へ🐟🐠


 

ゆっくり過ごしたい派の学生には

ぴったりなロケーションです

 

 

天候にも恵まれて、大きなトラブルもなく

今年も無事に思い出が出来ました。


\みんなに良い思い出が出来たなら最高です✌/



次のイベントは
10月に開催する運動会🏃
次回のイベントブログもお楽しみに!

 

 

株式会社ナイスクラップ 天野恭華さん

先日開催されましたオープンカレッジに、本校ファッションビジネス科の卒業生で、現在、株式会社ナイスクラップにお務めの天野恭華さんが来校されました。

 

 

 

現在はどんなお仕事をされているんですか?

「ファッションアドバイザーとして、基本的には接客をしています。他にも、店長からの指示で、お店のレイアウトを変えたり、本社のお手伝いで展示会に行ったりもしています」

 

現在のお仕事の魅力はなんですか?

「自社ブランドは新作が入る頻度が多くて、毎週末新しい商品が入ってくるんです。なので、常に新鮮な気持ちで洋服に関わるお仕事ができているところが魅力ですね。また、展示会のお手伝いなど、プレスのお仕事をさせて頂いたり、販売だけ、というのではなく、ブランド全体の色々なことに関わらせて頂けているのが魅力です」

 

やりがいを感じるのはどんなことですか?

「単純なことですけど、お客様から感謝のお言葉を頂けたり、お店の予算目標に達したときは、やりがいを感じますね」

 

日頃、お仕事をする上で心がけていることはなんですか?

「後輩が入って来たので、仕事にやりがいを持って楽しく働いてもらえるような職場の環境を作ることを心がけています。また、お店にいらっしゃるお客様は本当に色んなタイプの方がいますので、その方に合わせた接客をするようにしています」

 

天野さんのSNSはフォロワーも多く、お店にお客さんが列を作る程、ファンもたくさんいらっしゃいますが、SNSはどのように活用されているんですか?

「リアルタイムで新作情報を発信したり、コーディネートのお悩みをコメントでお返ししたりしています。全部仕事のことっていう訳ではなくて、プライベートな写真を載せたりもしてます。SNSでフォローして頂いて仲良くなり、顧客様になってくださった方もいらっしゃいます。今の時代はSNSをうまく使うことが大事ですね」

 

 

学校で学んで、今も役立っていると感じることはなんですか?

「展示会で、モデルさんが着用したサンプルにファンデーションやリップがついてしまったんですが、そういう場合の対処方法まで教わっていたので、すぐに対応できたのが良かったなと思いました。S&Gの授業は、実践的な内容だったので、今も店頭での接客に役立っているなと感じます。卒業制作ファッションショーは、リーダーをやらせていただいたのですが、全校生徒をまとめるのは凄く大変でした。でも、おかげで人間関係がどうやったら上手くいくのか、チームワークの大切さなど、色んなことを学ぶことができてすごくいい経験になりました」

 

tfacに入学を決めた理由は?

「1番の決め手はアットホームな校風です。色んな学校の体験入学に参加しましたが、tfacは先生と学生の距離がすごく近かったので、その雰囲気がいいなと思って決めました」

 

最後にメッセージをお願いします。

「大変なこともありますが、自分の好きな物に囲まれて仕事ができるのは、当たり前のことではないし、凄いことだと思います。洋服が大好きだという気持ちをずっと忘れずに頑張って欲しいです!」

 

天野さん、ありがとうございました!

衣装デザイナー&スタイリスト 米山裕也さん

先日行われた体験入学のトークゲストとして、本校の卒業生であり、有名アーティストやアイドルグループの衣装デザイナー&スタイリストとしてご活躍中の米山裕也さんにご来校いただきました。

 

 

衣装デザイナーのお仕事を教えてください

「アーティストやイベントによっても違うのですが、まずはコンセプトを確認します。アーティスト本人の要望やイベントのテーマ、演出家さんの考えなど、オトナの会議で『こういう風にしてほしい』と言われることもあれば、『今回は自由に』ということもあるので。そうした打ち合わせを踏まえて、衣装のデザインを考えてデザイン画を起こし、OKをいただいたら、記事などの素材を集めてパタンナーさんと打ち合わせを行い、指示書を作るまでが僕の仕事です」

 

デザインを考えるのにどれぐらいの時間をかけるのですか?

「これもイベントによって違うのですが、だいたい1か月~1か月半ぐらいのスケジュールが多いですね。この仕事は『この日までに上げなきゃいけない』という期日が決まっているので、その日までに無駄のないように段取りを組んで、無理のないようにしています。でも、僕は追い詰められた方がアイデアが出てくるタイプなので、だいたいスケジュールいっぱいまで使ってしまいます」

 

 

衣装をデザインするときに心掛けていることはなんですか?

「“作る意味がある物”ですね。わざわざお金や時間をかけて作る以上、『これだったら既製品でも良かったよね』と言われないような物を作るようにしています。でも、“やりすぎ”になっても良くないので、そこはバランスを取るようにしています。そうやって作った衣装を着たアーティストさんの生き生きとした姿を見たり、会場のお客さんが盛り上がっているリアクションを見る瞬間が、この仕事のやりがいですね」

 

tfacを選んだ理由は何ですか?

「学校見学に来たとき、ショーの準備中だったんですけど和気あいあいとした雰囲気だったんですね。先輩もフレンドリーに話しかけてきてくれて、他の学校も見学していたんですけど「こういう学校の方が自分には向いているんじゃないかな」って思ったのがtfacに入学を決めた理由ですね」

 

当時の同級生と会ったりすることはありますか?

「卒業してからもつながりもありますし、ファッションの仕事をしている人とは生地屋さんでばったり会ったりしますね。お仕事で直接関わるということはないですけど、『うちの知り合いもtfacの卒業生だよ』なんて話を聞くことがありますよ」

 

人気アーティストを担当する米山さんのお話ということで、体験入学にご参加いただいた学生はもちろん、手の空いたスタッフのtfac生たちが聞きに来る姿も!

 

この後、米山さんには当校1年生との座談会にもご参加いただきました。

座談会のレポートはまた後程アップしますので、そちらもお楽しみに☆

株式会社サマンサタバサジャパンリミテッド 渡部智奈美さん

先日開催されたオープンキャンパスのゲストに、本校ファッションビジネス科の卒業生で、現在は株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドに勤務されている、ファッションアドバイザーの渡部智奈美さんがいらっしゃいました。

 

 

このお仕事の魅力ややりがいはなんですか?

「毎日違うお客様とお話ができるところです。自分が接客をしたお客様が、その商品を気に入ってくださって、ご購入してくださったときはとてもやりがいを感じます。街中で自社商品を持っている方を見かけると、とても嬉しくなりますね」

 

仕事をするうえで心がけていることや注意していることはありますか?

「会社の三原則で“明るく元気に笑顔を絶やさない”というのがありまして、店頭に立つ時は常に意識しています。お客様としては、暗い店員さんよりも、明るくハキハキしている店員さんの方が、お話ししやすかったり店内に入りやすいのかなって思うので、注意しています。

 また、ひとりひとりのモチベーションがすごく大切かなって思っています。調子が良くなかったりして、モチベーションが下がってしまうとお店の雰囲気も良くないので、後輩にアドバイスをしたりして、良い雰囲気を作るように心がけています」

 

お仕事をしていて、失敗してしまったことはありますか?

「言えないくらいありますよね(笑)。例えば、ちょっと上の棚にあるバッグをお客様がとりにくそうにしていたのに気付けなくて、お声がけをしたときには遅いわよって怒られちゃったり、あとはサマンサっぽくない、って注意されたこともあったりしましたね。古着が好きだったので、自社ブランドに合うような服を持っていなくて、1年目の時は先輩を見て洋服を選んでいたんですけど、顧客様は色んなスタッフを見ているので、それに比べるとサマンサっぽさがないって言われたこともありました。でも、雑誌を読んで勉強したり、色んなお店に行って研究したりして、自分なりに改善して、今ではそのお客様と美容のお話で盛り上がれるようになりました」

 

 

授業で役に立ったことはなんですか?

「ファッションショーが大きかったですね。学科・学年問わず、みんなで1つのショーを作り上げるので、違う学科の子たちと嫌でもコミュニケーションをとらないといけないんですよ。それが、今、店頭に立ってお客様とコミュニケーションを取る上でとても役立っていますね。先輩後輩とうまく会話するにはどうすればいいのか、どうすればいい雰囲気の中で働けるかなっていうのは、コミュニケーションをとらないと分からないので。先輩が怖いから言わないでおこう、とかそういう風に思っちゃうと、不満とかも色々たまってしまうので、思ったことは言いやすい職場環境を作るように。そのために、学校で身につけたコミュニケーション能力が役立っているのかなと感じています」

 

tfacに入学を決めた理由はなんですか?

「先生との距離感です。高校までは、先生に勉強以外のことを相談するって無くて。tfacには、友達や恋愛の相談までできる先生がいるんです。少人数制なので先生との距離が近く、1人1人にスポットを当ててくれるというところが魅力です。もう卒業して何年か立ちますが、今でも交流がありますし、暖かく迎えてくれるところがいいところだと思います」

 

ファッション業界をめざす皆さんにメッセージをお願いします。

「今日もファッションが好きで体験入学に参加していただいていると思います。好きなことだったら、ずっと続けられると思うので、好きだという気持ちをずっと忘れずに、頑張って欲しいです!」

 

渡部さん、ありがとうございました!

2018年☆前期修了ショー

各クラスの前期の集大成!

前期修了日に開催された

修了ショーの様子をレポートしちゃいます!

 

 

1年生からご紹介♪

 

1年スタイリスト科スタイリストコース Aクラス

お菓子をイメージした衣装でファッションショー♪

オープニング映像からショーに至るまですごいクオリティ!

うわ〜〜!めっちゃプリングルズ〜〜かわいい!!

 

お次は。。。

1年スタイリスト科スタイリストコース Bクラス

懐かしのリズムゲームに合わせて

ストリート風&ディスコ風な

ファッションショー&ダンスを披露♪

みんなからは「めっちゃ懐かしい〜〜〜!」との声が。笑

 

お次は1年ファッションビジネス科

 

「TREND」「RETRO」「SCHOOL」などなど、

さまざまなテーマに併せてファッションショー!

ビジ科らしいオシャレなショーでした♪

最後は全校生徒が大爆笑のパフォーマンス!!!

福嶋先生さすがです(笑)!!

 

1年基礎過程Aクラス

テーマは「Un Zoo」

フランス語で“動物園”という意味です!

インパクトがスゴイ!!!!笑

色違いとってもカワイイです♡

 

1年基礎過程Bクラス

授業で作ったワンピース

担任のなつみ先生コレクション、略して“なつコレ”です★

カワイイ衣装がいっぱいですね〜〜!

お気に入りの1着は見つかりましたか??

 

続いて…

1年モデルコース

ウォーキング&ダンス発表!

今年のテーマは“Party

各々、パーティーにお出かけする衣装を

自分で考えてコーディネートしました

さすがモデルコース!入学して3ヶ月とは思えないウォーキングでした

ウォーキングの後はダンス★

高身長を活かしたアクロバティックなダンスで

会場は大盛り上がりでした!

 

 

そして2年生!

 

2年スタイリスト科スタイリストコースAクラス

ファッションショー×ダンス!

「Men7s Like」「SEXY」「POP」のテーマに分かれて

ファッションショー★

ショーの合間にはダンス!

めちゃくちゃカッコいい〜〜〜♡

 

2年スタイリスト科スタイリストコースBクラス

ギャルは世界を救う!!?

年代別コーデでファッションショーです★

新旧ギャルがパラパラ対決!?

最後にはみんな仲良くソーラン節(笑)!

 

 

どんどんいきますよ〜〜

アパレル造形科デザイナーコース&パタンナーコース

2DPのゆかいな仲間たち登場〜〜〜!

さすがの2DP!個性的でほかでは見られない、

とってもカラフルで可愛い衣装♡がいっぱい!!

みんなが笑顔いっぱいになるファッションショーでした★

 

アパレル技能科テクニカルコース

シースルー素材を使ったコーディネート★

色んなテクニックを使って作りました!

ステキな衣装がいっぱいです♡♡

 

ここでダンスサークルもご紹介☆

超カッコいいダンスでみんなを盛り上げてくれました!

 

さて、毎年ラストを飾るのは…

3年専攻科

80年代をイメージした衣装は

前期だけで作ったとは思えないクオリティ★

「ザ ベストテン」の演出でファッションショーです!

さすが3年生!というショーでした☆

 

前期の最後を締めくくる素敵なショーとなりました☆

次回のイベントブログもお楽しみにね☆

 

tfacモデルコース×高木女子学園高等学校コラボWorkshop!

高木女子学園高等学校の家庭科の皆さんが

自作の衣装を着用して、文化祭でファッションショーを行うとのことで、

モデルコースの講師・寺山先生と&在学生で、ワークショップを開催致しました♪

 

まずは、準備体操から!

きれいなウォーキングをするには体幹が必要です!

また、シェイプアップにも効果的★

 

身体がほぐれた所で、

ウォーキング&ポージング練習!

笑顔の作り方や、美しい歩き方・立ち方を学びます。

寺山先生のチュエック中。。。。

一人一人の動きや癖を見て、アドバイスをさせていただきました。

 

お昼休憩を挟んだあとは。。

 

思い思いの衣装にチェンジして「フォトセッション」へ!

今回はショー形式と言う事で、特別に学校の制服をアレンジ♡

ハットやスカーフなどでコーディネートしてもらいました!

ポージングの練習の成果をここで発揮です♪

 

最後はショーの発表会!

出る順番や決めポーズなどを、音楽に合わせて入念にチェックして……

 

本番です!!

モデルコースの学生もウォーキングを披露させていただきました

 

最後はみんなでフィナーレ★

高木女子学園高等学校 家庭科のみなさん、

一日お疲れ様でした!

 

ご来校頂き、ありがとうございました☆

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

次回open college は8/25の1DAY。

 

ゲストは衣裳デザイナー&スタイリスト 米山裕也さんです。

 

体験学習のメニューに、「クリアバッグ製作」が新たに加わりました♪

お楽しみに♪

詳しくは下記ページをご確認ください。

http://www.tfac.ac.jp/open_college/

【学校見学を随時受け付けています】
授業見学のご予約は下記URLから予約フォームでお受けしています。

見学申し込み

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★