アパレル造形科デザイナーコース
アパレル造形科デザイナーコース
アパレル造形科デザイナーコース

ファッションデザイナーを目指すなら|アパレル造形科デザイナーコース

 海外でデザイナー経験を持つ講師や、現役で活躍数数多くのデザイナーが指導に当たります。現場での商品企画から製品化までのプロセスが組み込まれているカリキュラムが魅力的!企業とコラボレーションする共同ブランドの商品製作のほか、
アーティストや雑誌、写真集の衣装デザインなどにも携わります。また「マーケティング」で今の流行を踏まえたシーズンマップを作成。「デザイン企画」で商品を作ってプレゼンテーションをするまでの過程は、企業デザイナーが現場で行う流れと同じです。現場の空気をたっぷり味わいながら、個性を生かした作品を製作。デザインテクニックを磨きます。

【目指す職業】

ファッションデザイナー/ファッションアイテム・グッズデザイナー

【取得出来る資格】

色彩検定/パターン検定/洋裁技術検定/准教員資格/他

【授業の特徴】

ファッション業界の変化に合わせてデザイナーに求められる技術や知識も変わりつつ有ります。
本校では、大手アパレルでデザイナー、ブランティングや商品企画に携わって来たキャリアのある常勤スタッフを多数揃えて、より実社会の現場に則した課題と指導を行います。
国内海外アパレル企業との連携や学生研修、産学食協同プロジェクトなどを積極的に取り組む事で課題や技術の向上と、就職における優位性を高めています。

  • CARRICULUM

  • 2020年度
    実施カリキュラム

服飾造形基礎課程
(画像クリックで拡大できます)
2年次デザイナーコース 
(画像クリックで拡大できます)
  • PICK UP LECTURE

  • ピックアップ授業

DESIGN PRACTICE

デザイン演習

1年次には、コンテストへ向けた個人作品製作からシルクスクリーンプリントによる生地のデザイン、捺染実習などオリジナルテキスタイル作品や生地も製作します。2年次はデザイナーとしての具体的な商品企画とデザイン力を鍛えます。

デザイン演習

Mac WORK

Mac演習

アパレル企業において必要とされるコンピューター(Macintosh)技術を学びます。グラフィックソフトの基本操作を習得しデザイン表現の基本をマスターします。

mac演習

MAKING SKILL

服飾造形実習

技術実習でしっかりと基礎を学んだあとは、ジャケットなどの高度な作品を製作していきます。さらに、デザインや特殊な素材に合った縫製技術を学び、服飾の知識と技術を向上させます。

DESSIN

デッサン&スタイル画

表現基礎としてデッサン、クロッキーを指導。アートやデザイン表現、造形感覚を身につけます。

VOICE
STUDENTS & OBOG

学生の声

  • 卒業制作ショーは大切な思い出です

    株式会社上野商会 商品本部 企画部 AVIREX(アヴィレックス)課

    アパレル造形科デザイナーコース 2018年度卒業

    渡邉 駿さん

    tfacを卒業後、株式会社上野商会にデザイナー職で入社しました。学校では、3年間、服作りのすべてを学んでいたので、どのように進めていけばイメージ通りの洋服が出来上がるのか…トータル的に自分で理解できていたのは強みでしたね。ブランドのイメージを崩さないように努めながら、自分なりのデザインやポイントを取り入れるようにしています。卒業制作ファッションショーは、学生生活を締めくくる大きなイベントなので、今も印象に残っています。みんなで作り上げるショーは、衣装を作っている期間から、当日のステージまで楽しめました。
  • アパレル造形科デザイナーコース卒業後の主な進路

    デザイナークラスを専攻する学生のほぼ全員が、アパレル企業への就職を目指し、内定を獲得しています。
    最近では、男子女子ともに大手アパレルの有名ブランドデザイナーへの内定はもちろん、大手商社のOEM商品企画部門でのデザイナー職や、有名セレクトショップへの就職。なかには、本校で知り合った仲間でブランドを作る者など、それぞれの希望を叶えています。
    現在は、ファッション業界全般について就職環境は良好で、夢を叶え易い環境が整っています。
  • アパレル造形科デザイナーコースの就職環境

    多くの服飾学校では、洋裁、洋服を作る事に趣がおかれ、作品を作る事を中心としたカリキュラムが変わらずに行なわれていますが、実際にデザイナーを目指すにあたり、必要となるスキルや人間性は大きく変わって来ています。
    デザインとは多くの情報や、多くの知識やアイデア、素材取り扱いの中から目指す物を明確に思い描き、それを設計してプレゼンテーション(提示)して行く事がデザイナーの形となります。その過程において、服飾洋裁技術などの習得は必要となりますし、造形感覚や感性を磨くトレーニングも必要となりますが、昔のままの教科や勉強、トレーニングではデザイナーとして仕事をして行く事は出来ないでしょう。
  • アパレル造形科デザイナーコースの就職サポート

    本校では就職課を置き、全ての学生に対して求人案内やスケジュール管理、エントリー指導などを行なうと同時に、外部の人材開発コンサルタント企業のトレイナーによる面接対策や自己分析などの時間を設けて、就職に強い環境を構築しています。また自身の作品ポートレートやエントリーシートなどでの写真撮影においては、校内のカメラマンやモデル科とのコラボレーションによるスタジオ撮影でサポートを行なっており、完ぺきな自己プレゼンが出来る環境が整っています。
    さらにクラス制担任によるサポートがあり、アパレル造形科デザイナーコースでは授業や担任サポートで大手アパレルグループの会社社長を務めてきたスタッフが「いま求められるデザイナーとは」を主眼に日頃からの相談や個別さぽーとを行ないます。
Posting....