“マッシュルームハンドバッグ”

 

こんにちは、Joneauxです!

 

パリやロンドンにてChristian Dior、Stella McCartneyでデザイナーアシスタント、

Maison Margielaにてパタンナーアシスタントを経験。

その後、Marani、L’Eclaireur、2G2L Fashion Design and Consultingにデザイナーとして勤務。

本年度より、本学園のデザイン講師として勤務しています。

 

今回は“マッシュルームハンドバッグ”について紹介します。

 

「ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)」は、

キノコ類の菌糸体(マイセリウム)から作られた人工レザーを用いたバッグ

“フレイム マイロ(FRAYME MYLO)”を、7月に発売します。

 

 

2022年春夏コレクションで登場した“フレイム マイロ”は、

特殊な素材を扱うための訓練を受けたイタリアの職人が手作業で製作した

“ファラベラ(FALABELLA)”トートに着想を得たデザインで、

オーバーサイズのチェーンには、リサイクル可能なアルミニウムを採用しています。

今回は1〜100のシリアルナンバーを入れ、限定品として販売します。

なお、“フレイム マイロ”は「キノコこそがファッション(Fashion Fungi)」

と題したサマーキャンペーンの一環として展開します。

 

「ステラ マッカートニー」は17年から、

米国・カリフォルニアを拠点にするバイオテクノロジー企業のボルトスレッズ(BOLT THREADS)

と提携し、「マイロ」素材の開発を進めていて、

ステラは、「“マッシュルームハンドバッグ”が販売されるのは世界で初めてのことで、

ボルトスレッズとのパートナーシップだけでなく、

ビーガン素材のイノベーションにとっても重要なマイルストーンになる」と語りました。

23年以降のコレクションでは、さらに多くのカラーの「マイロ」素材のバッグが登場する予定です。

 

また、ダン・ウィドマイヤー(Dan Widmaier)=ボルトスレッズ共同創業者兼最高経営責任者は、

「『ステラ マッカートニー』は、アニマルフリーファッションを牽引するリーダーとして、

より責任のあるファッション業界の道を切り開こうとしています。

『マイロ』を使用した初のラグジュアリーバッグを市場に送り出したことは、倫理的な消費者、

バイオ素材業界、そしてラグジュアリーファッションの未来にとって重要な一歩になる」とコメントしました。

 

 

 

キノコ類の菌糸体(マイセリウム)から作られた人工レザーを用いたガーメントもあるので、

もしよければオフィシャルサイトでもチェックしてみてくださいね〜

 

https://www.stellamccartney.com/mc/fr/stellas-world/the-worlds-first-mylo-garments-created-from-vegan-mushroom-leather.html

 

Joneaux

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

次回open college は6/19に開催予定です。

詳しくは下記リンク先をご確認ください。

https://www.tfac.ac.jp/open_college/

 

【Web学校見学を随時受け付けています】
授業見学のご予約は下記URLから予約フォームでお受けしています。

見学申し込み   👈こちら

 

♦資料請求・学校見学・WebオープンカレッジがLINEで簡単に

申込ができるようになりました。

お友達追加お願いします♪♪

友だち追加

♡tfac Instagramフォローお願いします♡

@tfac__official

♡tfacモデル科  Instagram♡

@tfac___model

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

アミナコレクション社コラボ『産学連携 Part 2』ファッションビジネス科

tfac Vlog.