衣装デザイナー&スタイリスト・米山さんとtfac生の座談会 Part1

衣装デザイナー兼スタイリストとして、

人気アイドルグループや有名アーティストの

衣装&コーディネートを担当してしている米山裕也さん。

2001年にtfacのスタイリスト科を卒業した本校のOBです。

 

今回、米山さんとtfac生による座談会が実現!

いま、まさにエンターテイメントの最前線で活躍している先輩に、

業界を目指す後輩たちの疑問にお答えいただきました。

 

それでは座談会の様子をご覧ください!!

 

 

--衣装のデザインをする際、どういったものから

着想を得ていますか?(1年基礎科 Yamamotoさん)

 

米山さん コレクション誌やファッション誌はよく見るようにします。

記事や写真があれば「こういう生地を使いたい」とか

「袖の部分はこうしたい」というふうに、

相手に説明するときにイメージの共有ができるので、

アイデア以外の部分でも役に立っていますね。

 

自分の中のアイデアのストック作りとしては、

生地屋さんで珍しい生地を見つけたりすると

「こういうものが作れるな」というふうに、

発想のきっかけになることがあります。

あとは洋服屋さんで面白いアイテムを見つけて、

「こういうアレンジしたらいいんじゃないかな?」

なんて考えたりもしますね。

 

--デザインがワンパターンになってしまったり、

思いつかないときはどうしていますか?

(2年スタイリスト科 Takiguchiくん)

 

米山さん その時点でできているものを相手に見せて

「これでどう?」と、反応を聞いてみるという方法があります。

「もっとこうしてほしい」とか、

「だったらこういうのがいいんじゃない?」とか、

相手の求めているものがきっかけになったりしますよね。

 

あとは、一度完全に離れてみるというのもあります、

現実逃避じゃないんだけど(笑)。

本当になんの前触れもなく「あっ、これいいな!」

って閃くときもあるので、気分転換も必要なんだと思います。

 

 

--デザイン画を描く上で気をつけていることはありますか?

(2年アパレル造形科 Matsumuraさん)

 

米山さん デザイン画を描く上では、

なるべく頭でイメージした物に近いものにしたいと思っています。

 

でも僕はデザイン画がメチャメチャ上手いというわけではないので、

実際に絵にすると表現しきれない部分が出てくるんですね。

自分が考えているものと、デザイン画にして描いたものと、

それを見た相手がイメージしたものは、

必ずそれぞれにズレが生じていまうんです。

 

だからデザイン画で表現できない部分は

写真や生地の実物を見せて、相手に伝わるようにしていますね。

 

--デザインを考える上で、普段からできることはありますか?

(1年基礎科 Yamamotoさん)

 

米山さん 自分が得意じゃないものに興味を持っておくことです。

実際の仕事では、自分が不得意なものを発注される場合もあります。

 

たとえば僕がかわいい系が得意だとして、

「今回はハードなロックみたいな感じでいきたい」って言われたら、

「僕はそういうの範囲外です」とは言えません。

そういうときに「UKロックのテイストとか合いそうですね」とか

イメージができた上で、言葉にしないと打ち合わせができないんですね。

 

自分の好きなファッションやお店を突きつめるだけじゃなく、

普段は興味がないことでも幅広く知っておくといいんじゃないか、

と思います。

 

 

--やっていて辛いなと思ったことは何ですか?

それはどんなタイミングでしたか?

(2年スタイリスト科 Yokooさん)

 

米山さん これはもう“アイデアが思い浮かばないとき”ですね(笑)。

 

--では、どのようなタイミングで、「楽しいな」、

「報われたな」と思いますか?(2年スタイリスト科 Yokooさん)

 

米山さん コンサートの衣装なら、初日のステージを見て

自分の中で「良いものができたな」って思えたとき。

それが一番のやりがいになっています。

 

 

憧れの先輩のお話に聞き入りながら、

熱心にメモを取るtfac生たちの姿が印象的でした。

米山さんとtfac生の座談会はまだまだ続きます!

 

近日公開する、Part2をお楽しみに!!

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

次回open college は9/18に開催予定です。

詳しくは下記ページをご確認ください。

http://www.tfac.ac.jp/open_college/

 

【Web学校見学を随時受け付けています】
授業見学のご予約は下記URLから予約フォームでお受けしています。

見学申し込み

♦資料請求・学校見学・WebオープンカレッジがLINEで簡単に

申込ができるようになりました。

お友達追加お願いします♪♪

友だち追加

♡tfac Instagramフォローお願いします♡

@tfac__official

Instagram

♡tfacモデル科  Instagram♡

@tfac___model

Instagram

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

info