来校ゲスト

『美トレ2021』ゲストトーク 岩田佳典さん × tfacモデル科卒業生 NIINAさん、和泉寿利亜さん

モデルを目指す人の夢を応援する、『美トレ 2021』にて行われたゲストトーク。

このプログラムでは、モデルというお仕事の魅力や夢を叶えるためのアドバイスなど、業界で活躍する方々による幅広いトークをお届けしました。

 

 

3組目のゲストは、一般社団法人日本モデルエージェンシー協会理事長の岩田佳典さんとtfac卒業後モデルとして活動している NIINAさん、和泉寿利亜さん。

 

2016年度卒業のNIINAさんは雑誌・カタログを中心としたモデルとして、2017年度卒業の和泉寿利亜さんはモデル、女優として活躍中です。そんなおふたりを迎え、岩田理事長がモデルという仕事について掘り下げてくださいました。

 

岩田さん まずNIINAさん、国内だけでなく海外のファッションショーやファッション誌でも活躍されていますが、海外で仕事をする場合に何か気をつけていることはありますか。

 

NIINAさん 海外で仕事をキャッチするためには、行動力や自分が何をやりたいかということを明確に伝える力が必要なんです。日本は事務所に所属しないとオーディションを受けられませんが、海外は事務所に所属してなくても「私こういうところのオーディション受けたいんだよね」「あのブランドのショーに出たいんだよね」って言っていると、オーディションに呼ばれたりショーに出させてもらったりできるんです。

 

岩田さん 日本と違って積極的にアピールしないといけないんですね。海外でお仕事をしていて困ることはありますか。

 

NIINAさん 食べ物ですね。太らないように食事には気を使っているんですけど、海外はハンバーガーやステーキなどジャンクなものが多いので、和食を見つけるのがすごく大変でした。しかも、日本なら定食1食1,000円くらいだけど、海外では3,000円くらいするのでお金の面でも苦労しました。

 

 

岩田さん 今はコロナウイルスの影響で海外との行き来は難しいですが、また海外で活躍する姿を楽しみにしていますね。ありがとうございます。

 

次は和泉さんにお伺いします。和泉さんは雑誌やウェブ広告でファッションモデルとしてお仕事されてますが、CMやドラマで女優としてお仕事もされている。tfacのモデル科には演技の授業もありますが、在学中に学んだことで今のお仕事につながっていることはありますか。

 

​​和泉さん 演技の授業では、まず発声を勉強するんです。その時に発声練習と滑舌を学べたはよかったなと思っています。普段一人で大きな声を出して練習するって難しいので。

 

岩田さん tfacに入る前から演技の指導は受けてましたか。

 

和泉さん 受けていなかったです。正直いうと、事務所に入ってからも最初は演技に対して苦手意識がありました。殻を破れない自分がすごい悔しくて、ちょっと嫌だったんです。

でも、今は前よりうまく表現が出来るようになって、少しだけでも成長を感じられるので、演技をしてる自分もいいなって思えるようになりました。

 

岩田さん モデルと女優、どっちのお仕事が好きですか?今はモデルさんが演技のお仕事をしたり、女優さんがファッション誌の表紙を飾ることもあり、ボーダーがなくなってきているように感じますが。

 

和泉さん おっしゃる通り、本当に今はボーダーラインがなくなってると思います。CMに出るにも演技が必要ですし、もちろんルックスも大事です。表現力を上げるために、女優さんもモデルさんも演技はすごく役立ちます。なので一概には言えないですけど、やっぱりモデルのお仕事を続けたいですね。

 

 

岩田さん では最後におひとりずつ、ご自分がモデルやタレントとして活動していく上での目標を教えてください。

 

NIINAさん 私はまだ海外のハイブランドとお仕事をしたことがないので、ルイ・ヴィトンなどのブランドとお仕事ができるように頑張りたいなと思います。

 

和泉さん 雑誌や広告のモデルとしても女優としても、どこにでもはまれるように視野を広げたいです。

 

岩田さん こうして実際に卒業して、現場で頑張っている先輩がいっぱいいます。芸能界もコロナウイルスの影響を受けていますが、エンターテイメント産業は人を幸せにする産業なので、絶対になくなりません。先は明るいですから、皆さんも目標を高く持って頑張ってください。

 

 

実際にモデルとして活躍する先輩からの生の声。時代とともに移り変わる多様なモデルのあり方について、とても参考になったと思います。

 

 

岩田さん、 NIINAさん、和泉さん

ありがとうございました!

 

その他ゲストトーク記事はこちら↓

『美トレ2021』ゲストトーク 岩田 華怜さん

『美トレ2021』ゲストトーク こんどうようぢさん

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

次回open college は11/3に開催予定です。

詳しくは下記ページをご確認ください。

http://www.tfac.ac.jp/open_college/

 

【Web学校見学を随時受け付けています】
授業見学のご予約は下記URLから予約フォームでお受けしています。

見学申し込み

♦資料請求・学校見学・WebオープンカレッジがLINEで簡単に

申込ができるようになりました。

お友達追加お願いします♪♪

友だち追加

♡tfac Instagramフォローお願いします♡

@tfac__official

♡tfacモデル科  Instagram♡

@tfac___model

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

スタイリスト 中野みずきさん

先日の体験入学ゲストには、本校の卒業生で、現在は雑誌を中心に、広告やカタログ、タレントさんのスタイリングなど、幅広くご活躍中の中野みずきさんがお越しくださいました。中野さんは、講師として本校スタイリスト科1年生の授業もご担当されています。

最近ご担当されているお仕事について教えてください。

「今はファッション誌や広告のスタイリング、スタイリストとして、アーティストのコンサートやライブツアーに同行させていただくこともあります」

 

様々なジャンルの雑誌をご担当されていますが、スタイリングの際に心掛けていることはありますか?

「もちろん雑誌のテイストに合わせますが、まずはモデルさんを思い浮かべて衣装を準備することですね。そして、自分もモデルになった気持ちでコーデを合わせてみたり、撮影の時は寝っ転がったりするのかな? とか、ただ可愛いスタイリングを考えるのではなく、誌面に載った時の画角なども想像するようにしています。新しいジャンルに挑戦する時は、前の号を自分の中で分析したり、新しいお店のリサーチも大事かなと思います」

 

誌面の撮影とコンサートのお仕事では、内容に違いはありますか?

「大きく違うのは持ち物ですね。雑誌の撮影は、見えない部分でクリップなどを使い、衣装の調節ができるのですが、コンサートですと長時間になり激しい動きが出てくることもあるので、同じような調節方法とはいきません。コンサート中にファスナーが壊れたり、リボンが取れてしまったりと、アクシデントによっては縫う作業も出てくるので、その都度お仕事に合わせて道具を変えて準備しています」

 

モデルさんやアーティストさんとの会話はどうしているのでしょう?

「特に意識しすぎないようにしていますが、お着替えの時はコミュニケーションの取り方が重要だと思うので、モデルさんのテンションを高くキープしてもらいつつ、限られた時間の中でスムーズに進められるよう、多少フランクに接してみるなどして、声がけは工夫しています」

 

お仕事のやりがいや魅力を教えてください。

「自分の担当した雑誌が店頭に並んで、世の中に出る時がやっぱり嬉しいですね。やってよかったなと思います。直接ではなくても、アンケートなどで編集部に届く反響ですとか、コンサートではリアルタイムでお客様の反応が分かります。大変な部分もありますが、充実感のあるお仕事ですよ」

 

中野さんは授業もご担当くださっていますが、これから入学を考えている皆さんに  “こんなことを教えたい!” ということはありますか?

「現場で実際に使っている用語や立ち振る舞いについては、自分が知らなかったことでパニックになってしまった経験などを踏まえ、より具体的に教えていきたいと思っています。在学中の研修や、卒業後の現場で “自分が何をしなくちゃいけないのか”をイメージしやすいようにしてあげたいですね」

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

次回open college は11/3に開催予定です。

詳しくは下記ページをご確認ください。

http://www.tfac.ac.jp/open_college/

 

【Web学校見学を随時受け付けています】
授業見学のご予約は下記URLから予約フォームでお受けしています。

見学申し込み

♦資料請求・学校見学・WebオープンカレッジがLINEで簡単に

申込ができるようになりました。

お友達追加お願いします♪♪

友だち追加

♡tfac Instagramフォローお願いします♡

@tfac__official

♡tfacモデル科  Instagram♡

@tfac___model

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

10月16日OC卒業生ゲストトーク

本日の卒業生ゲストトークには、

 

株式会社 サマンサタバサジャパンリミテッド

渡部智奈美さん

(渡部さんとNashimoto先生)

 

株式会社 上野商会

渡邉駿さん

(渡邉さんとKoga先生)

 

こちらのお二人にお越しいただきました。

ゲストトークの詳細は、近日中にアップしたいと思います。

ありがとうございました☆

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

次回open college は11/3に開催予定です。

詳しくは下記ページをご確認ください。

http://www.tfac.ac.jp/open_college/

 

【Web学校見学を随時受け付けています】
授業見学のご予約は下記URLから予約フォームでお受けしています。

見学申し込み

♦資料請求・学校見学・WebオープンカレッジがLINEで簡単に

申込ができるようになりました。

お友達追加お願いします♪♪

友だち追加

♡tfac Instagramフォローお願いします♡

@tfac__official

♡tfacモデル科  Instagram♡

@tfac___model

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

スタイリスト 田川雄満さん

本校スタイリスト科を卒業し、スタイリスト山口翔太郎氏のアシスタントを経て、現在はアーティスト衣装、ファッション誌や広告など、幅広くご活躍中の田川雄満さんにお越し頂きました。

現在ご担当されているお仕事について教えてください。

「日本のファッション誌を始め、海外の雑誌や、アーティストのスタイリング、衣装デザインのディレクションもやらせて頂いています。僕の場合はレディースが多いですね」

 

雑誌にはそれぞれジャンルがあると思いますが、何か違いはありますか?

「もちろん雑誌ごとに雰囲気がありますし、衣装を着るのが芸能人やタレントなのか、ファッションモデルかでもスタイリングの作り方が変わってきます。タレントさんであれば、その人のキャラクターやカラーを大切にしたいですね。モデルさんであれば、洋服を重視してコーディネートするとか。仕事内容としては、それほど大きな違いはないと思います」

 

衣装製作にはどのような形で携わっているのですか?

「アーティストとデザイナーをつなげるパイプ役といった感じでしょうか。流れとしては、まずアーティストさんと打ち合わせをして、イメージを固めてからデザイナーさんにお声がけさせて頂いています。僕の方でもやりたいデザインは伝えますが、最終的にはデザイナーさんがデザイン画を描いて製作を進めていくという形です」

 

お仕事の魅力や、やりがいを教えてください。

「この仕事を始めてからずっと、街中で携わった作品を見かけた時は嬉しいですし、ロケ撮影では地方、森や湖のような自然に行くこともあるので、楽しみの一つです。何より、小学生の頃から憧れていたスタイリストになって、好きな仕事ができているということは大きいですね」

 

tfacへ入学する決め手はどんなところでしたか?

「僕は授業見学にも参加したのですが、アットホーム感が魅力的でした。入学したら、先生とのコミュニケーションが取りやすそうだなと感じましたね」

 

在学中に学んでことで、現在役に立っていることがあれば教えてください。

「スタイリスト科にも縫製の授業があるので、今お仕事で衣装製作にも携わらせて頂き、僕が作らなくても、知識があるとないでは全然違うなと思いました。研修は実際の現場を知ることができ、知識だけでなく卒業前に心の準備もできるので参加して良かったなと思います」

 

印象に残っていることはありますか?

「研修も思い出がありますが、準備期間も含めて卒業制作ファッションショーですかね。僕は映像系のセクションを担当したのですが、積極的に色んな挑戦ができて楽しかったです」

 

最後に、本日参加してくださったみなさんへアドバイスをお願いします。

「好きなことを仕事にするのは大変な部分もありますが楽しいと思います。学生のうちに色んな物を見て視野を広げておくこと、日頃から忍耐力など精神面も意識して生活しておくと、今後に活かされていくと思いますよ」

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

次回open college は10/16に開催予定です。

詳しくは下記ページをご確認ください。

http://www.tfac.ac.jp/open_college/

 

【Web学校見学を随時受け付けています】
授業見学のご予約は下記URLから予約フォームでお受けしています。

見学申し込み

♦資料請求・学校見学・WebオープンカレッジがLINEで簡単に

申込ができるようになりました。

お友達追加お願いします♪♪

友だち追加

♡tfac Instagramフォローお願いします♡

@tfac__official

♡tfacモデル科  Instagram♡

@tfac___model

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

『美トレ2021』ゲストトーク こんどうようぢさん「自分の強みとして見つけたのがメイクでした」

モデルを目指す人の夢を応援する『美トレ 2021』にて、行われたゲストトーク。
このプログラムではモデルというお仕事の魅力や夢を叶えるためのアドバイスなど、業界で活躍する方々による幅広いトークをお届けしました。

2組目のゲストはモデル / タレントのこんどうようぢさん。

 

 

SNS総フォロワー数80万越えのインフルエンサーであるこんどうさん。読者モデルとしてキャリアをスタートし、最近では数々の人気舞台に出演するなど多方面で活躍されています。また、メンズメイクの第一人者としても注目される存在です。

 

ーこんどうさんがメイクを始めたきっかけは何でしたか。

 

19歳の時に、撮影でメイクをしてもらったのがきっかけでした。「メイクでこんなに変われるんだ!」って思って、自分で研究を重ねて今に至ります。というのも、上京して来て綺麗なモデルさんをたくさん見て「これじゃ勝てないな」って思ったんです。何か自分の強みが絶対に必要だと思って見つけたのがメイクでした。僕は顔を綺麗に見せることが好きだし、メイクをすると自分に自信がついたんです。それに、その頃はまだ周りにメイクをしてる方はいなかったので、差別化も図れると思いました。

 

ーメイクを初めて人生は変わりましたか。

 

そうですね。僕が芸能界で活動を続ける理由って、自分を好きになりたいからなんです。メンズメイクとして色々な媒体さんに扱っていただけることでさらに自信がついて、ようやく自分のことを好きになってきたかなって感じてます。

 

ー上手なメイクのポイントを教えていただけますか。

 

引き算を覚えることが大事だと思います。若い時は、とにかく嫌な部分を隠すようにしていたんですけど、来年30になる歳になって、隠しすぎず、そのままを出すようになりました。どんどん隠していくと、透明感がなくなってしまうんですよ。
色々アラは出てくるけど、ファンデーションは塗りすぎず素を出すことを大事にしたり、スキンケアやエステへ通うことを大事にするようになりました。

 

 

ー美肌のポイントを教えていただけますか。

 

すごく定番ですけど、お水をたくさん飲むことは大事ですね。1日2リットル飲んだ方がいいと言われてますけど、僕は面倒くさがりなので大体1日1〜2リットルくらいですが、それと合わせて食事には特に気をつけています。

あとは、常に保湿を心がけること。僕は、スプレー状の化粧水を洗面台だけでなくリビングや寝室にも置いていて、それを1ヶ月で全部使い切るくらい常に保湿をしています。僕が使ってる化粧水は1本1,000円もしないものですが、お手頃なもので大丈夫です。1年を通して保湿は欠かさずにして欲しいですね。

 

ー最近のおすすめコスメを教えてください。

 

Diorのコンシーラーです。素肌感もあってカバー力もあるし、乾燥しにくく、ヨレない。4、5000円とちょっとお値段は高いんですけど、1年は持つ量で色の展開も多いので必ず自分に合う色が見つかると思いますよ。

デパートコスメって値段的に手が出にくいものだと思うんですけど、僕はこういう時に日割りで考えてます。4、5000円の商品も1年365日で割るとめちゃめちゃ安く思えるので、ポンって買えちゃうんです。

 

ーコスメに関する豊富な知識はどこで得ているのでしょうか。

 

ツイッターの美容アカウントや女性誌が多いですね。女性誌は月に5、6冊は読んでいて、最近はメンズメイクに関する本もたくさん出てるので、そちらもよくチェックしています。あとはメイクのYouTuberさんや芸能人の方の真似をしたり、みなさんと変わらないですよ。

 

ーインフルエンサーとして、SNSの重要性はどう感じていますか。

 

僕は高校2年生の時にSNSを始めたので、もう10年以上になるんですけど、未だにSNSの使い方は難しいと思います。SNSの使い方って無限大なので。

でも、「こういうテレビ出たいな」っていったらテレビ番組のディレクターさんが見てくれて出演につながったり、「本出したいな」っていったら編集さんが見てくださって出版に繋がったり、誰かに見てもらえている。最初は恥ずかしいと思うんですけど、チャンスがそこらじゅうに転がってる素晴らしいツールだと思うので、ぜひみなさんも自分を見せる場所として使って欲しいです。

今だったらTikTokですかね。流行りの歌やダンスなど、何事もTikTokで始まっていますから。

 

ーSNSを伸ばすために、アドバイスをいただけますか。

 

まずは、見やすいことが一番大事だと思います。改行、段落などもそうですし、汚い言葉を使わないこともそうです。あとは、ありのままの自分でいること。飾った自分でいると、続けるのがしんどくなっちゃうから。本来の自分の姿でいれば、必ず見てくれてる人がいるんです。

 

 

いますぐ試したいメイク情報やスキンケアの知識、そしてご自身のSNSでの体験まで、実践的なお話をたくさん聞かせていただきました。

 

こんどうさん、ありがとうございました!

 

その他ゲストトーク記事はこちら↓

『美トレ2021』ゲストトーク 岩田 華怜さん

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

次回open college は10/16に開催予定です。

詳しくは下記ページをご確認ください。

http://www.tfac.ac.jp/open_college/

 

【Web学校見学を随時受け付けています】
授業見学のご予約は下記URLから予約フォームでお受けしています。

見学申し込み

♦資料請求・学校見学・WebオープンカレッジがLINEで簡単に

申込ができるようになりました。

お友達追加お願いします♪♪

友だち追加

♡tfac Instagramフォローお願いします♡

@tfac__official

♡tfacモデル科  Instagram♡

@tfac___model

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

マガシーク株式会社 ECソリューション事業本部 永田哲也さん

先日開催されたOC卒業生ゲストトークには、本校ファッションビジネス科卒業の永田哲也さんにお越し頂きました。永田さんは現在、マガシーク株式会社にて、ECとしてご活躍されています。

現在のお仕事、お仕事に就くまでの経緯を教えてください。

「私は今、各ブランドや会社が持っている自社通販サイトの運営をサポートしています。tfac卒業後は、株式会社ナイスクラップで販売スタッフからスタートし、ブランドのECを担当させていただくようになりました。ECの仕事をする中で、もっと関わりたいという思いが強くなり、ECを専門に扱うマガシーク株式会社へ転職しました。マガシークでは、ZOZOTOWNのファッションECサイトにも携わっています」

 

具体的に、どんなことをしているんですか?

「担当している各社と連絡を取り、状況を確認しながら打ち合わせを行なっています。各社の売り上げはすぐに数字で分かるので、私が分析したことをもとに “こういうページにしてみませんか?” という提案をしたり、先方から “トップページの画像を替えたい” という要望を頂いたりしますね。ちなみに今は、4社とやり取りさせて頂いています。ブランドEC を担当していた時は、実際に商品撮影をすることもありましたよ」

 

今でこそ無くてはならないEC ですが、永田さんが始めた頃は、あまり目立つお仕事では無かったですよね?

「そうですね。私自身もECという仕事についてよく知らないまま、自社通販サイトを担当することになりました。仕事内容は、実際に現場で覚えていきましたね」

 

お仕事のやりがいを教えてください。

「日々の努力や成果を、すぐに数字で実感できることはやりがいに繋がっています。E Cは店舗に比べ、より多くのお客様にご利用頂いているので、その分取り扱う金額が大きくなり、売り上げの凄さが分かるんですよ」

 

休日の過ごし方を聞いても良いですか?

「OFFはしっかり取りたいので、近所を散歩したり、ジムへ行ったり、最近はお家時間が増えたことで梅干しを作ったりしています (笑) 仕事ではPCを一日中使っているのに、実は家に無いんですよね」

 

tfacに入学を決めた理由は何ですか?

「高校生の時に、将来はファッションやアパレルに関わる仕事がしたいという気持ちがあり、手当たり次第、専門学校の体験入学に参加していました。その中でもtfacは、先生との距離感も近く、2年間の学校生活を楽しく過ごせそうだなという雰囲気が決め手だったと思います」

 

実際に入学して、印象に残っていることがあれば教えてください。

「最後のイベントということもあり、卒業制作ファッションショーはとても記憶に残っています。学科や学年を超えていろんな人と関わりを持つことができますし、学生でしか経験できないことが沢山あるなと思いました」

 

最後に、皆様へアドバイスやメッセージをお願いします!

「洋服が好きで専門学校へ入学し、勉強して、今はお仕事として、興味があることに関われていることが何よりも楽しいです。みなさんもやりたいことがあるならば、ぜひその世界に入って頑張って欲しいなと思います」

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

次回open college は10/16に開催予定です。

詳しくは下記ページをご確認ください。

http://www.tfac.ac.jp/open_college/

 

【Web学校見学を随時受け付けています】
授業見学のご予約は下記URLから予約フォームでお受けしています。

見学申し込み

♦資料請求・学校見学・WebオープンカレッジがLINEで簡単に

申込ができるようになりました。

お友達追加お願いします♪♪

友だち追加

♡tfac Instagramフォローお願いします♡

@tfac__official

♡tfacモデル科  Instagram♡

@tfac___model

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

フリースタイリスト 大内美里さん

先日の体験入学ゲストは、本校スタイリスト科卒業生で、現在はアシスタントを続けながら、独立に向け、さらに活躍の場を広げている大内美里さんにお越し頂きました。

大内さん個人では、どんなお仕事をご担当されていますか?

「今は主に誌面で、定期的にアイドルグループのスタイリングをしています。
俳優さんが、取材などでTV出演される時のスタイリングを担当することもありますね。どちらかというとメンズが多いです」

 

やりがい、魅力はどんなところですか?

「スタイリングした衣装を、着てもらう本人や雑誌編集者の方に褒めて頂けるのは嬉しいですね。
スタイリストの仕事を通して色んな人と出会えること、ファッションが好きなので、お洋服に囲まれて仕事できるのも魅力ですよ」

 

逆に、大変なところがあれば教えてください。

「撮影当日も色んなことがありますが、リースしたりバラしたりと動きが多いのは前後の準備ですね。あとは、多くの方と関わりがある分、
どうやって上手に関係を築いていくかというところかなと思います」

 

お仕事をするうえで、心掛けていることはありますか?

「常に気を使えるようにしています。もちろんスタイリングも大事ですが、人柄を見てお仕事をくださったりするんですよ。
なので、他のスタッフの皆さんが気持ちよく仕事できるようにしたいですね」

 

 

入学の決め手になったこと、在学中の学びで役に立ったことはありますか?

「他の専門学校に比べて、学費が良心的なところは一つの決め手になりましたね。同じく入学を決めた理由でもある充実した研修制度を通して、
色んなスタイリストさんに出会えたことは、アシスタントとしての進路を決める時にとても参考になりました!」

 

今は研修生を受け入れる側になりましたね。学生たちはどうですか?

「自分の力で考えるということにあまり慣れていない気がします。もちろん、最初は分からないことだらけだと思うのですぐに聞いて欲しいですが、
少し慣れてきたら、自分で調べたり考えることができると、活躍の場が広がっていくのかなと思います」

 

ご参加くださったみなさまへメッセージをお願いします。

「自分自身が楽しめたり、やりがいを感じる仕事に就けるよう、これから色んなことにチャレンジしてみてください」

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

次回open college は10/16に開催予定です。

詳しくは下記ページをご確認ください。

http://www.tfac.ac.jp/open_college/

 

【Web学校見学を随時受け付けています】
授業見学のご予約は下記URLから予約フォームでお受けしています。

見学申し込み

♦資料請求・学校見学・WebオープンカレッジがLINEで簡単に

申込ができるようになりました。

お友達追加お願いします♪♪

友だち追加

♡tfac Instagramフォローお願いします♡

@tfac__official

♡tfacモデル科  Instagram♡

@tfac___model

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

Posting....