来校ゲスト

舞台衣装製作者 有限会社ビーシーコスチューム 寺園七海さん

舞台衣装製作者

有限会社ビーシーコスチューム 寺園七海さん

(アパレス技能科テクニカルコース卒業生)

 

 

就職から2年、色々なことに挑戦させて頂いています

 

 バレエの衣装を製作したり、貸し出ししたりするアトリエに勤務しています。主に、発送作業やレンタルから戻った衣装のクリーニングやお直しをするのが私の仕事です。最近では、デザイン画を書いたり、ちょっとした小物の製作や、衣装の装飾などもさせて頂いたりしています。毎日、綺麗な衣装に囲まれて仕事できるのがとても楽しいです。

 

私のデザイン画が、実際に商品化されたんです!

 

 もともと、この会社に就職することになったきっかけは、産学協同授業でした。バレエ衣装をデザインして、社長にプレゼンするという内容だったのですが、そこで私のデザイン画が採用され、実際に商品化して頂けることになったんです。その流れで、デザイナーの見習いとして採用していただくことになりました。

 産学協同授業のほか、普段の授業でもたくさんのことを学びましたね。デザインを描く上で必要になる、配色や素材の知識や縫製のスキルなどは、今の仕事に直結しているので、勉強しておいてよかったなと思います。先生と学生の距離が近いので、分からないことをすぐに質問できて解決できたところもよかったと思います。

 

授業はすべて役立つことばかりです。

 

 学生の頃って、「将来役に立つよ」って言われて勉強するけど、イマイチ納得できていないというか、ホントに? って思っちゃうところも正直あったんですよ(笑)。でも、実際就職した後は、学んだことは全て繋がっていて、もっとしっかりやっておくべきだったって思うことばっかりなんです。だから、学生のうちから幅広く、なんでも挑戦することが大事だと思いますよ。全部が自分のためになるんだと思って、頑張ってください!

 

株式会社マッシュスタイルラボ 小澤宏太さん

 

先日開催されたOpen Collegeのゲストに、本校デザイナーコースの卒業生で、現在は株式会社マッシュスタイルラボでご活躍中の小澤宏太さんがいらっしゃいました。

 

 

卒業後すぐは、株式会社東光商事にデザイナーとして就職した小澤さん。デザイナーを志したきっかけはなんでしたか?

「とにかく服が好きだったので、好きなことを仕事にしたいと思ったのがきっかけです。それまでは服の勉強をしたことが無かったのですが、好きという気持ちだけで入学しました。実際この学校で勉強をして、デザイナーとして就職ができました」

 

デザイナーというのは、どんな人が向いていると思いますか?

「一概にデザイナーと言っても、本当に色々な人間がいるんですよ。僕は完全に“情報型”のデザイナーです。他社では、今これが売れているから、こういうデザインにしようとか考えています。他にも、感覚的でクリエイティブなデザイナーもいるし、人によって全然違うので、どんな人が向いているのかというのは特に無くて、“売れるものを作りたいという意欲”と“ファッションが好きという気持ち”があれば、どんな人でもなれると思いますよ」

 

現在はどのようなお仕事をされているんですか?

「現在は生産管理とMDを一部担当しています。生産管理部では素材を手配して、それを布にして、服を作るということをやっています。洋服生産のスタート地点のような感じですね。僕の一言や判断で、お店やスタッフが動いていく責任感はとても重いですが、その分やり甲斐はすごくあります」

 

 

tfacに入学を決めた理由はなんでしたか?

「他の専門学校も何校も回ったのですが、先生との距離の近さが一番のポイントになりました。実際、入学してからは色んな先生とコミュニケーションをとることができて、色んなことを教えていただき、それが就職にも仕事にも役立っています。」

 

tfacで学んだことで一番役立ったことはなんですか?

「学校で勉強したことは全て役立っています。素材のことはもちろん、マーケティングやリサーチの方法なども学びました。強いて言えば『産学協同授業』が一番かもしれないですね。デザイン画を描いて、現役のデザイナーさんに評価していただきました。社会に出てから経験するようなことを、学生のうちに学べたのが良かったと思います」

 

最後に、ファッション業界を目指す皆さんにメッセージをお願いします。

「今、持っている“好き”という気持ちを忘れなければ、夢を叶えられると思います。tfacの卒業生と一緒に仕事をしていきたいと思っているので、ぜひ頑張ってください!」

 

小澤さん、ありがとうございました!

『株式会社クレヨン』社長 田中大資様、人事部 山田雄祐様

本校の産学連携授業でも協力をいただいている、株式会社クレヨンの田中大資社長と人事部の山田雄祐様に、1年ビジネス科の「就職ガイダンス」の授業講演のため、ご来校いただきました。

 

 

 1972年にセレクトショップとして創業し、現在では『Lois CRAYON』や『LIFE WITH FLOWERS.』、『&ellecy』など、企画制作から自社で行った商品が9割を占めるというクレヨン様。ファッション業界の激しい流れの中で、これまでクレヨン様が取ってきた戦略と、これからの業界の見通しなどについて田中社長の解説をいただきました。

 

 

さらに業界で活躍する人物に共通することとして、田中社長が挙げられたのが「色々なことを知ろうとする人」と「考えたことを伝える能力のある人」の2つの能力。デザイナーやMDは世界情勢や環境の変化についても知っていなければならないし、どんなにすばらしい構想を頭に描いたデザイナーやVMDでも、それを作る人たちに伝えられなければ実際の物や店舗は作れない、というお話に学生たちもうなずきながら聞き入っていました。

 

 

 また人事の山田様からは、『Lois CRAYON』を立ち上げる際にターゲット層をイメージするのではなく、“英国人の建築家と日本人の呉服屋の女性の間に生まれた23歳の女性で~”というように、ブランドを体現するひとりの女性を設定していくことで、商品を展開していく手法をご説明いただきました。

 

 また、ご自身が販売職としてキャリアをスタートしたときの「この会社は怒られるまでは自由にやっていいんだ、と気が付いてから、何をするべきかを常に考えるようになった」というエピソードは、これからファッション業界へと進む学生たちにとっても大きなアドバイスに!

 

 

 ブランドの社長として、人事としての視点からお話しいただいた内容は、学生たちの将来に向けて非常に参考になるだけでなく、2月の『ショップ&ギャラリー』の授業で開く、ポップアップストアに向けたヒントにもなったようです。

 

 田中社長、山田様、ありがとうございました!!

 

STIR 渡邉瑛希さん

ドレスTシャツ専門ブランド『STIR』の代表、渡邉瑛希さんにお越しいただきました。

 

 

渡邉さんは、2010年に本校を卒業し、アメリカでファッション誌の編集者インターンとしてご活躍されていました。

 

--どのような経緯で海外のファッション誌で働くことになったのですか?

「tfacの研修で出会ったスタイリストさんがこの雑誌の編集長で、『アシスタントとしてニューヨークに来てみないか?』というお話をいただきました。そこから半年ぐらいお金を貯めて行ったんですが、最初は英語のヒアリングもできない状態だったのでコミュニケーションが取れるようになるまで大変でしたね(笑)」

 

 

--帰国してから『STIR』を設立されるまで、どのような仕事をされていたのですか?

「その後広告デザイン会社やグラフィックデザインの仕事をしていたのですが、『やっぱり物作りに携わりたい』という思いが強くなって、以前から自分が好きだったシャツのメーカーにEC担当として入社しました。そこでECサイトの販売や運営の仕事をしながら縫製や生地などの知識も勉強して、『STIR』を設立しました」

 

 

--『STIR』の製品でこだわっているポイントは?

「僕はジャケットスタイルが好きだったのですが、ジャケットに合うTシャツが少ないと感じていたんですね。だからジャケットに合わせても違和感のない、“ドレス感のあるTシャツ”を作っています」

 

 

--起業してみて、苦労したことはなんでしょう?

「モチベーションというか、やる気を保つことですかね。お客様や取引先に怒られて落ち込むこともあるんですが、そういうときは美味しいものを食べたりしてやり過ごしてきました(笑)。いま『STIR』を立ち上げて2年ぐらいになるんですけど、やっと軌道に乗ってこれから拡大路線に乗れれば、と思っています」

 

--これからの夢や目標を教えてください

「今はブランドの店舗を持つことです。そのためには『STIR』というブランドの認知度を高めなければならないし、それがとても大変なことだと思うんですけど、そこをクリアしてインナーだけのお店というのを作りたいんです」

 

 

 アメリカへの留学やブランド設立時のご苦労など、実際に乗り越えた体験を色々伺うことができ、学生たちも非常に参考になったようです。

 

講演後にも、お話を聞きたいという学生に様々なアドバイスをしていただきました!

 

渡邉さん、ありがとうございました!

JILLSTUART 小嶋 奈南美さん

 この日は『就職キャリアデザイン』の授業で、株式会社サンエー・インターナショナルのブランド『JILLSTUART』のプレスを担当されている小嶋奈南美様(2011年度卒業生)にご来校いただきました。

 

 

 アパレル業界の花形と言われるプレスの方の講演とあって、学生たちもみんな興味津々といった雰囲気。現役でプレスのお仕事をしている小嶋さんのお話に聞き入っていました。

 

現在のお仕事の内容を教えてください

「『JILLSTUART』のPRとして、ブランドの認知度やイメージを高めることが業務内容になります。カタログなどの制作物を作ったり、展示会をして雑誌社さんやスタイリストさん、モデルさんに紹介してもらったり、いまだとSNSのプロモーションプランを考えることもありますね。あとは毎日のようにリース業務といって、スタイリストさんを通して雑誌社さんやドラマに商品を貸し出すことがあって、それに伴う事務作業が多いです」

 

プレスという職業は競争率が高いイメージがありますが、どうやってなったんでしょうか?

「プレスは未経験者を採用するということが少なくて、私も最初に就職した会社は「ショップのプレスにしてあげる」と言われて採用されたんですけど、結局販売の仕事をすることになったんです。でもどうしてもプレスになりたかったので、プレスアシスタントのアルバイトから始めて、ステップアップしてプレスにしてもらえました」

 

 

いままでのお仕事でつらかったことなどはありますか?

「プレスのお仕事って華やかに見えるけど、そういうお仕事は全体の1割ぐらいで、表に出ない地味な作業が8割9割なんですよ。プレスのアシスタントをしていたとき、事務作業や体力仕事ばかり続いて、「何やってるんだろう? 続けられないかもしれない」と思うこともありました。でも先輩から「あなたはアシスタントなんだから、プレスの人がどういうことをしたら仕事がしやすくなるか観察して考えなさい」って言われて、それから見えてくるものが変わっていったんです。いままで地味に見えた事務仕事も、良い物を届けるために必要な作業と思えたらつらくなくなって」

 

学校の授業の中で役に立っていることは何ですか?

「雑誌のラフを製作する授業があって、『JILSTUART』はブランド本といって1冊丸々自社の商品を紹介する“ブランドムック”を作るんですけど「右のページで1コーデ紹介してるから、左のページではコーデを3つこう並べよう」とか、誌面の構成を考えたりするのに役立っています。後は素材学の授業は、ファッション誌で「各ブランドのプレスがオススメするポイント」とか聞かれることがあるので、そういうときに「ベロアの肌触りが~」とか詳しいことが挙げられるので、絶対に憶えておいた方がいいですね」

 

 

tfacの後輩たちにメッセージをお願いします

「私は学生のころは人見知りで、コミュニケーション能力も全然なかったんですけどプレスになれました。そんな私から言えることは「続けること」ですね。「継続力」ってすごい大事で、「向いてない」とか「こういうの苦手」とか諦めないで、みんな若いから失敗しても大丈夫! やりたいことをやってみて、後悔しないようにして欲しいですね」

 

 

 講演終了後、プレスを志望している学生たちと個別の相談にも応じていただきました! アパレル業界のお話から、私生活の相談まで、女子トークに花が咲いていたようです。

 小嶋先輩、ありがとうございました☆

ill-design 小林孝文さん

 

1年ファッションビジネス科の授業へ、
本校卒業生の小林孝文さんが
特別授業にお越しくださいました。

 

 

 

小林さんは2003年卒業生で

2006年に企業されました。


ファッションビジネス科は
アパレル企業に就職したい学生が多いので、
これからの自分たちにピッタリな
お話しがたくさん。

学生たちも興味津々で聞き入っています。

 

 

小林さんが手掛けるブランドからお洋服をお借りしての授業。
学生が販売員役となり、洋服の特徴を説明しながら、
お客様にオススメするシュミレーションをしました。

 

最後に
小林さんから、
自分のやりたいことや好きなことを活かすために、
いまやるべきことをがんばってください。

とアドバイスをいただきました。

良い先輩に出会えてよかったね!

 

 

代表  小林 孝文

ill-design(イルデザイン)

・2006/12 ill-design(イルデザイン)

ブランド「roi(ロワ)」設立。

・2008   代官山コレクション 参加。

・2009 ~ 合同展示会「マニコレ」 参加。

・2009/9 三軒茶屋ライブハウスにてroi 単独ファッションショー開催。

・2010 ~現在進行形 香港取引先 株式会社MAT 主催、合同展示会 参加。

・2011/5  ラフォーレ原宿期間限定Shop「DesignersStudio」開催。

・2011/6  ドメスティックブランド「RBT」5 周年記念イベント参加。

・2012/5  学校法人池田学園 tfac東京服飾専門学校にて

      ファッションショー[-formule magique-] 開催。

・2015/7  ブランド「ENVY」設立。

・2016/11  中目黒セレクトショップ「HelloUFO」にてPOP-UP SHOP 開催。

・2017/3  中目黒セレクトショップ「HelloUFO」にてPOP-UP SHOPvol.2 開催。

・2017/9  Dog アパレルブランド「Po-mul」設立。

 

DIESEL 政池亜里沙さん

2年ビジネス科の「就職キャリアデザイン」の授業で、現在DIESELのららぽーとTOKYO-BAY店に勤務中の政池亜里沙さん('12年卒業)に来校いただきました。

 

 

現在のお仕事の内容を教えてください

「おもに、販売スタッフやMDとして商品の仕入れや検品、金銭面の管理もしています。また、VMD的な店内の作りや商品の配置を考えて決めたり、後輩の教育などもしています。最近では、SNS商品の情報を発信することも多いですね。MDになるためのテストがあるわけではないので、日ごろの仕事ぶりや周囲からの信頼を得ることが大事です」

 

後輩の教育という話が出ましたが、気を付けていることなどはありますか?

「私とは観るテレビ番組が違うし、好きな芸能人も違うので、やっぱりギャップを感じますね。気を付けているのは、頭ごなしに怒らずに、「なんでそうなっちゃったのかな?」って聞いてから、自分が思ったことを静かに伝えるようにしています。そういうことを言う場面も、一緒にゴハンを食べながらとか、コミュニケーションがしっかり取れるような場所と時間を考えて言うようにしています」

 

 

現在の仕事の魅力はなんですか?

「ひとことで言うと「楽しい!」です。多分、まわりの同年代の子と比べても、ずっとオシャレしていられる。30歳になっても35歳になっても「私の方がオシャレでいられる」っていうのが、モチベーションのひとつです」

 

学生時代の思い出で印象に残っていることはなんでしょう?

「学校の研修でファッションショーの受付に参加したんですけど、人員が足りなくてフィッターをすることになったんですよ。最初は「モデルさんに会える~」なんて思っていたのですが、そこでピリピリとした「プロの現場の空気」を、初めて味わったのが印象に残っていますね」

 

 

学生のうちにやっておいた方が良いことはありますか?

「苦手な人ともコミュニケーションを取る練習もしておいた方がいいと思います。学生のうちは気の合う人とだけ付き合っていればいいですが、社会に出ると関わる人を選ぶことはできないですから。年齢も性別も全然違う人たちと喋るのって、一回も経験していないと何も喋れなくなるんですよ。

そういう社会人とコミュニケーションを取るのに一番大事なのが「礼儀」とか「言葉遣い」なんです。新人のうちは仕事なんか全然できなくて当然ですけど、これができてるかどうかで違いますから。あとは「笑顔」と「あいさつ」が大事ですよ!」

 

 

講演後、DIESELに内定をいただいている学生から、今後の相談にも乗っていただきました! 政池先輩、ありがとうございました☆