来校ゲスト

米山裕也さん×tfac在校生 座談会

体験入学終了後に行われた、本校卒業生の米山さんと1年生の座談会のレポートをお送りします。先日デビューしたアイドルグループをはじめ、数々の有名アーティストを担当している米山さんのお話に、各学生ともいつも以上に真剣なまなざしを送っていました。

 

 

学校の授業の中で、特に役に立っていることは?

「素材学の授業が役に立っていますね。見た目はイメージに近い生地だけど、伸びない素材だから動きが激しい部分には使えないな、とか。あとはMacは絵を描けると、ちょっとしたロゴをいちいちデザイナーに発注しないで済むので、スケジュールに余裕ができるので授業で勉強しておいて良かったと思いました」

 

学校の研修で学んだことはありますか?

「自分で勝手な判断をしないことですかね。例えば散らかっている本を片付けるように言われたとして、ただ閉じて終わりなのか、閉じて積み上げておくのか、本棚に入れておくのか、そのときの状況によっても違いますよね。以前は本棚に入れていたけど、今回は本棚に入れるよりほかのことをやってほしいかもしれない」

 

衣装デザイナーをしていて大変なことはなんですか?

「周囲の人は良いと思って色々なことを言ってくるんですね、こういうデザインがいいとか、この人にはこの色がいいとか。でも、仮にそういう意見に流されて、作ったものの評判が悪くても他人のせいにできないんです。自分が「これがいい」と思ったら、それを主張する折れない心も必要になると思います。他人の意見をまったく聞かないのも困るんですけどね」

 

 

一言も聞き漏らさないよう、身を乗り出すようにして米山さんのお話に聞き入っていた学生たち。スタイリストやデザイナーを目指す1年生にとって、米山さんの実戦的なアドバイスは大きな宝物になったようです。

 

米山さん、ありがとうございました!

 

 

株式会社ナイスクラップ 天野恭華さん

先日開催されましたオープンカレッジに、本校ファッションビジネス科の卒業生で、現在、株式会社ナイスクラップにお務めの天野恭華さんが来校されました。

 

 

 

現在はどんなお仕事をされているんですか?

「ファッションアドバイザーとして、基本的には接客をしています。他にも、店長からの指示で、お店のレイアウトを変えたり、本社のお手伝いで展示会に行ったりもしています」

 

現在のお仕事の魅力はなんですか?

「自社ブランドは新作が入る頻度が多くて、毎週末新しい商品が入ってくるんです。なので、常に新鮮な気持ちで洋服に関わるお仕事ができているところが魅力ですね。また、展示会のお手伝いなど、プレスのお仕事をさせて頂いたり、販売だけ、というのではなく、ブランド全体の色々なことに関わらせて頂けているのが魅力です」

 

やりがいを感じるのはどんなことですか?

「単純なことですけど、お客様から感謝のお言葉を頂けたり、お店の予算目標に達したときは、やりがいを感じますね」

 

日頃、お仕事をする上で心がけていることはなんですか?

「後輩が入って来たので、仕事にやりがいを持って楽しく働いてもらえるような職場の環境を作ることを心がけています。また、お店にいらっしゃるお客様は本当に色んなタイプの方がいますので、その方に合わせた接客をするようにしています」

 

天野さんのSNSはフォロワーも多く、お店にお客さんが列を作る程、ファンもたくさんいらっしゃいますが、SNSはどのように活用されているんですか?

「リアルタイムで新作情報を発信したり、コーディネートのお悩みをコメントでお返ししたりしています。全部仕事のことっていう訳ではなくて、プライベートな写真を載せたりもしてます。SNSでフォローして頂いて仲良くなり、顧客様になってくださった方もいらっしゃいます。今の時代はSNSをうまく使うことが大事ですね」

 

 

学校で学んで、今も役立っていると感じることはなんですか?

「展示会で、モデルさんが着用したサンプルにファンデーションやリップがついてしまったんですが、そういう場合の対処方法まで教わっていたので、すぐに対応できたのが良かったなと思いました。S&Gの授業は、実践的な内容だったので、今も店頭での接客に役立っているなと感じます。卒業制作ファッションショーは、リーダーをやらせていただいたのですが、全校生徒をまとめるのは凄く大変でした。でも、おかげで人間関係がどうやったら上手くいくのか、チームワークの大切さなど、色んなことを学ぶことができてすごくいい経験になりました」

 

tfacに入学を決めた理由は?

「1番の決め手はアットホームな校風です。色んな学校の体験入学に参加しましたが、tfacは先生と学生の距離がすごく近かったので、その雰囲気がいいなと思って決めました」

 

最後にメッセージをお願いします。

「大変なこともありますが、自分の好きな物に囲まれて仕事ができるのは、当たり前のことではないし、凄いことだと思います。洋服が大好きだという気持ちをずっと忘れずに頑張って欲しいです!」

 

天野さん、ありがとうございました!

衣装デザイナー&スタイリスト 米山裕也さん

先日行われた体験入学のトークゲストとして、本校の卒業生であり、有名アーティストやアイドルグループの衣装デザイナー&スタイリストとしてご活躍中の米山裕也さんにご来校いただきました。

 

 

衣装デザイナーのお仕事を教えてください

「アーティストやイベントによっても違うのですが、まずはコンセプトを確認します。アーティスト本人の要望やイベントのテーマ、演出家さんの考えなど、オトナの会議で『こういう風にしてほしい』と言われることもあれば、『今回は自由に』ということもあるので。そうした打ち合わせを踏まえて、衣装のデザインを考えてデザイン画を起こし、OKをいただいたら、記事などの素材を集めてパタンナーさんと打ち合わせを行い、指示書を作るまでが僕の仕事です」

 

デザインを考えるのにどれぐらいの時間をかけるのですか?

「これもイベントによって違うのですが、だいたい1か月~1か月半ぐらいのスケジュールが多いですね。この仕事は『この日までに上げなきゃいけない』という期日が決まっているので、その日までに無駄のないように段取りを組んで、無理のないようにしています。でも、僕は追い詰められた方がアイデアが出てくるタイプなので、だいたいスケジュールいっぱいまで使ってしまいます」

 

 

衣装をデザインするときに心掛けていることはなんですか?

「“作る意味がある物”ですね。わざわざお金や時間をかけて作る以上、『これだったら既製品でも良かったよね』と言われないような物を作るようにしています。でも、“やりすぎ”になっても良くないので、そこはバランスを取るようにしています。そうやって作った衣装を着たアーティストさんの生き生きとした姿を見たり、会場のお客さんが盛り上がっているリアクションを見る瞬間が、この仕事のやりがいですね」

 

tfacを選んだ理由は何ですか?

「学校見学に来たとき、ショーの準備中だったんですけど和気あいあいとした雰囲気だったんですね。先輩もフレンドリーに話しかけてきてくれて、他の学校も見学していたんですけど「こういう学校の方が自分には向いているんじゃないかな」って思ったのがtfacに入学を決めた理由ですね」

 

当時の同級生と会ったりすることはありますか?

「卒業してからもつながりもありますし、ファッションの仕事をしている人とは生地屋さんでばったり会ったりしますね。お仕事で直接関わるということはないですけど、『うちの知り合いもtfacの卒業生だよ』なんて話を聞くことがありますよ」

 

人気アーティストを担当する米山さんのお話ということで、体験入学にご参加いただいた学生はもちろん、手の空いたスタッフのtfac生たちが聞きに来る姿も!

 

この後、米山さんには当校1年生との座談会にもご参加いただきました。

座談会のレポートはまた後程アップしますので、そちらもお楽しみに☆

株式会社サマンサタバサジャパンリミテッド 渡部智奈美さん

先日開催されたオープンキャンパスのゲストに、本校ファッションビジネス科の卒業生で、現在は株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドに勤務されている、ファッションアドバイザーの渡部智奈美さんがいらっしゃいました。

 

 

このお仕事の魅力ややりがいはなんですか?

「毎日違うお客様とお話ができるところです。自分が接客をしたお客様が、その商品を気に入ってくださって、ご購入してくださったときはとてもやりがいを感じます。街中で自社商品を持っている方を見かけると、とても嬉しくなりますね」

 

仕事をするうえで心がけていることや注意していることはありますか?

「会社の三原則で“明るく元気に笑顔を絶やさない”というのがありまして、店頭に立つ時は常に意識しています。お客様としては、暗い店員さんよりも、明るくハキハキしている店員さんの方が、お話ししやすかったり店内に入りやすいのかなって思うので、注意しています。

 また、ひとりひとりのモチベーションがすごく大切かなって思っています。調子が良くなかったりして、モチベーションが下がってしまうとお店の雰囲気も良くないので、後輩にアドバイスをしたりして、良い雰囲気を作るように心がけています」

 

お仕事をしていて、失敗してしまったことはありますか?

「言えないくらいありますよね(笑)。例えば、ちょっと上の棚にあるバッグをお客様がとりにくそうにしていたのに気付けなくて、お声がけをしたときには遅いわよって怒られちゃったり、あとはサマンサっぽくない、って注意されたこともあったりしましたね。古着が好きだったので、自社ブランドに合うような服を持っていなくて、1年目の時は先輩を見て洋服を選んでいたんですけど、顧客様は色んなスタッフを見ているので、それに比べるとサマンサっぽさがないって言われたこともありました。でも、雑誌を読んで勉強したり、色んなお店に行って研究したりして、自分なりに改善して、今ではそのお客様と美容のお話で盛り上がれるようになりました」

 

 

授業で役に立ったことはなんですか?

「ファッションショーが大きかったですね。学科・学年問わず、みんなで1つのショーを作り上げるので、違う学科の子たちと嫌でもコミュニケーションをとらないといけないんですよ。それが、今、店頭に立ってお客様とコミュニケーションを取る上でとても役立っていますね。先輩後輩とうまく会話するにはどうすればいいのか、どうすればいい雰囲気の中で働けるかなっていうのは、コミュニケーションをとらないと分からないので。先輩が怖いから言わないでおこう、とかそういう風に思っちゃうと、不満とかも色々たまってしまうので、思ったことは言いやすい職場環境を作るように。そのために、学校で身につけたコミュニケーション能力が役立っているのかなと感じています」

 

tfacに入学を決めた理由はなんですか?

「先生との距離感です。高校までは、先生に勉強以外のことを相談するって無くて。tfacには、友達や恋愛の相談までできる先生がいるんです。少人数制なので先生との距離が近く、1人1人にスポットを当ててくれるというところが魅力です。もう卒業して何年か立ちますが、今でも交流がありますし、暖かく迎えてくれるところがいいところだと思います」

 

ファッション業界をめざす皆さんにメッセージをお願いします。

「今日もファッションが好きで体験入学に参加していただいていると思います。好きなことだったら、ずっと続けられると思うので、好きだという気持ちをずっと忘れずに、頑張って欲しいです!」

 

渡部さん、ありがとうございました!

スタイリスト 中野みずきさん

先日開催されましたオープンキャンパスのゲストに、

卒業生でスタイリストの中野みずきさんが来校されました。

 

 

現在のお仕事内容を教えてください。

「雑誌媒体と広告関係の仕事をしています」

 

撮影のお仕事が入ったときは、どういった動きをするんですか?

「広告、雑誌関係なく依頼があれば、世界観を作り出すものなどを全部一貫してスタイリングをやっています。

 例えば、衣装以外にも背景の小物、商品のイメージカットのときに添えるレースや羽のオブジェなど小道具も用意するんですよ。

 また、実際に現場へ行ってから、日当りなどで撮影場所を調整することもあるので、臨機応変に対応するようにしています」

 

仕事内容によって気をつけていることや違いなどはありますか?

「宣伝する商品が決まっている広告撮影は、イメージに合うものを探してきたり自分で作ったりして、とにかく世界観に合うものを日本中から集めるという仕事なんです。

 雑誌はというと……みんな雑誌を読んでいて『これ可愛いな』と思ったら、どこで売ってるか調べますよね。せっかく『可愛い』『欲しい』と思っても“スタイリスト私物”だったら買えないので、雑誌はいかにたくさんのお店やプレスからアイテムを集められるかが勝負になってきます」

 

このお仕事の魅力はなんですか?

「もともと雑誌が好きだったので、編集のお仕事にも興味があったんです。どちらにチャレンジするかというときに、スタイリストの “世界観を作る”ところが面白そうだなと魅力を感じました」

 

やりがいを感じるときはどんなときですか?

「表紙をてがけた雑誌が、3冊くらい一緒に並ぶタイミングがあったんです!雑誌は“クレジット”といって、名前が載るのですごく嬉しいし、自分が関わった作品が世の中に出てると、やっていてよかったなって思います」

 

心がけていることや注意していることはありますか?

「スタイリストというのは、モデルさんに洋服をただ着せればいいってわけじゃなくて。服をよく見せるために『こういうふうに動いてほしい』というのをモデルさんに伝えたり、カメラマンさんに『こういうカットを撮ってほしい』とオーダーしたりするようにしています。

 この仕事は、返却準備が終わらなくて一人で徹夜したり、徹夜明けで撮影したりと、大変なこともあります。でも、好きでやってる仕事なので、思いつめるんじゃなくて、どこかに楽しさを見出してやるように心がけてます」

 

学校で学んだことで役立ったことはありますか?

「コサージュとか、雑貨を作る『小物製作』の授業。一見、スタイリストには関係ないように感じるかもしれません。でも、研修に行ったときに『この時間までに、花とかフルーツを縫いつけてほしいんだけどやってくれる?』って急に言われたんです。勉強していたから、どうすればいいか分かったんですよね。そういう実践的な授業がすごく役に立ったなと思います」

 

最後にメッセージをお願いします。

「今は情報をキャッチしようと思えばキャッチできる時代。つまり、自分か発信しやすい時代でもあるから、何が好きかというのを大切にしてほしいと思ます。自分が持ってる世界観を大事に育てて、発信していってもらえたらと思ます。」

 

中野さん、ありがとうございました!

OG来校 iwamatsuさん、kumakiさん、senzakiさん

「就職キャリアデザイン」の授業で、'17年の春に当校を卒業した

iwamatsuさん(左)、kumakiさん(中央)、senzakiさん(右)の

3名に来校していただきました。

 

 

iwamatsuさんは独自の世界観を持つ某ブランドのデザイナーとして、

kumakiさん首都圏最大規模の大型ファクトリーで、

senzakiさんは有名アミューズメント施設のコスチュームの仕事にと、

それぞれ違った職場で活躍中です。

 

 

 

今回は就職活動の実体験を交えたアドバイスや、

実際に仕事を始めてからの出来事や感じたことを話していただき、

学生たちも身近な先輩の話とあって興味深そうに聞いていました。

 

 

講演会の終了後には、同じ仕事を志望している学生と、

個別での相談にも乗っていただく時間も!

実際にその仕事で活躍している先輩の話を聞けるとあって、

学生からも積極的に質問が出ていたようです。

 

 

在学中も仲の良い3人でしたが、

相変わらずお互いのことをあだ名で呼び合っていたのが印象的でした。

 

iwamatsuさん、kumakiさん、senzakiさん、ありがとうございました!

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

次回open college は7/17・18の2DAYSです。

体験学習のメニューに、「クリアバッグ製作」が新たに加わりました♪

お楽しみに♪

5I8A0107

詳しくは下記ページをご確認ください。

https://www.tfac.ac.jp/open_college/

【学校見学を随時受け付けています】
授業見学のご予約は下記URLから予約フォームでお受けしています。

学校見学お申し込み

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

株式会社ステップス塚田様 OB宮野くん

 

吉祥寺や下北沢、自由が丘に

『STEPS』や『SEEK & FIND』などのセレクトショップを展開している、

株式会社ステップスの取締役・採用教育部長、

塚田龍一様に企業説明会を行っていただきました。

(@tfac)

 

IMG_0434
 

 

今年の春に卒業して、

ステップスに入社された宮野くんも来校してくださいました。

 

IMG_0471
 

 

採用をご担当されている塚田様に、求めるスキルについてお伺いしてみました。

 

IMG_0447

 

 

塚田「専門的な知識を期待しています。

他にチームとして何かを行う際の協調性や、コミュニケーション能力は重要ですね。

tfacはイベントが多いので、積極的に参加して、スキルを磨いておくと良いと思います」

 

塚田様、宮野くん、ありがとうございました!

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

次回open college は6/17です。

体験学習のメニューに、「クリアバッグ製作」が新たに加わりました。

お楽しみに♪

6a0128763f57cc970c0223c84e3528200c-320wi.jpg

詳しくは下記ページをご確認ください。

http://www.tfac.ac.jp/open_college/

【学校見学を随時受け付けています】
授業見学のご予約は下記URLから予約フォームでお受けしています。

見学申し込み

 


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★