スタイリスト 田川雄満さん

本校スタイリスト科を卒業し、スタイリスト山口翔太郎氏のアシスタントを経て、現在はアーティスト衣装、ファッション誌や広告など、幅広くご活躍中の田川雄満さんにお越し頂きました。

現在ご担当されているお仕事について教えてください。

「日本のファッション誌を始め、海外の雑誌や、アーティストのスタイリング、衣装デザインのディレクションもやらせて頂いています。僕の場合はレディースが多いですね」

 

雑誌にはそれぞれジャンルがあると思いますが、何か違いはありますか?

「もちろん雑誌ごとに雰囲気がありますし、衣装を着るのが芸能人やタレントなのか、ファッションモデルかでもスタイリングの作り方が変わってきます。タレントさんであれば、その人のキャラクターやカラーを大切にしたいですね。モデルさんであれば、洋服を重視してコーディネートするとか。仕事内容としては、それほど大きな違いはないと思います」

 

衣装製作にはどのような形で携わっているのですか?

「アーティストとデザイナーをつなげるパイプ役といった感じでしょうか。流れとしては、まずアーティストさんと打ち合わせをして、イメージを固めてからデザイナーさんにお声がけさせて頂いています。僕の方でもやりたいデザインは伝えますが、最終的にはデザイナーさんがデザイン画を描いて製作を進めていくという形です」

 

お仕事の魅力や、やりがいを教えてください。

「この仕事を始めてからずっと、街中で携わった作品を見かけた時は嬉しいですし、ロケ撮影では地方、森や湖のような自然に行くこともあるので、楽しみの一つです。何より、小学生の頃から憧れていたスタイリストになって、好きな仕事ができているということは大きいですね」

 

tfacへ入学する決め手はどんなところでしたか?

「僕は授業見学にも参加したのですが、アットホーム感が魅力的でした。入学したら、先生とのコミュニケーションが取りやすそうだなと感じましたね」

 

在学中に学んでことで、現在役に立っていることがあれば教えてください。

「スタイリスト科にも縫製の授業があるので、今お仕事で衣装製作にも携わらせて頂き、僕が作らなくても、知識があるとないでは全然違うなと思いました。研修は実際の現場を知ることができ、知識だけでなく卒業前に心の準備もできるので参加して良かったなと思います」

 

印象に残っていることはありますか?

「研修も思い出がありますが、準備期間も含めて卒業制作ファッションショーですかね。僕は映像系のセクションを担当したのですが、積極的に色んな挑戦ができて楽しかったです」

 

最後に、本日参加してくださったみなさんへアドバイスをお願いします。

「好きなことを仕事にするのは大変な部分もありますが楽しいと思います。学生のうちに色んな物を見て視野を広げておくこと、日頃から忍耐力など精神面も意識して生活しておくと、今後に活かされていくと思いますよ」

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

次回open college は10/16に開催予定です。

詳しくは下記ページをご確認ください。

http://www.tfac.ac.jp/open_college/

 

【Web学校見学を随時受け付けています】
授業見学のご予約は下記URLから予約フォームでお受けしています。

見学申し込み

♦資料請求・学校見学・WebオープンカレッジがLINEで簡単に

申込ができるようになりました。

お友達追加お願いします♪♪

友だち追加

♡tfac Instagramフォローお願いします♡

@tfac__official

♡tfacモデル科  Instagram♡

@tfac___model

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

Posting....