株式会社 マッシュスタイルラボ emmi生産担当 小澤宏太さん

本校の卒業生であり、現在は株式会社 マッシュスタイルラボのemmi生産担当としてご活躍されている小澤宏太さんが、先日行われた体験入学のゲストとしてお越しくださいました。

 

現在のお仕事の内容を教えてください!

「僕は今、MDの責任者と生産担当というポジションに就いています。MD業務では世の中のトレンドやライバル企業のリサーチ、例えばどのような商品が売れていて、いくらの値段で売られているのかを日頃からチェックしていますね。そこからビジネス的な戦略を組み立てて、自分たちが作っていく服を『いかにお金に変えていけるか』考えるのがまず一つです。そして生産管理では、戦略や企画を元にデザインされた商品のため、生地の開発、希望の定価に合う生地や工場を選んで実際に形にしていくという仕事をしています。」

 

お仕事をする上でのやりがいや、魅力は何ですか?

「やはり完成した商品がお客さんの手元に届いていくことですね。遠く離れたところに住んでいる方が、僕らが東京で作った服を着ているというのもなんだか不思議な感覚なのですが、とても嬉しくやりがいを感じます。自分の好きな有名人の方が商品を宣伝してくれているところを見ると、それはもう感激ですよ。」

 

ファッション業界はどのような業界だと感じますか?

「趣味の延長のような、遊びが仕事になっているという感覚で働ける業界だと感じています。日頃からファッション誌を読むこともそうですし、街に出て洋服をチェックしたり、色んな人たちと接したり、パーティーなどに招待していただく機会があったり。僕にとって働き始める前から好きなことが仕事の一部になっていますね。ファッションに関することが好きな方なら、心から楽しめる業界だと思います。」

 

 

tfacに入学して良かったと思うことはありますか?

「僕はどの業種においても『人前で話す力』って重要だし必要だと思うんです。tfacは人と接する機会が多く、先生や学生だけでなく、プロの前でプレゼンする機会も沢山あります。同時に、人前で話すということは自分でも自信を持っていないとできないことだと思うので、それに付随してしっかり知識を身につけようという気持ちにもなっていました。卒業してから改めて、tfacに入学していて良かったなと思うことがよくありますね。」

 

学生時代に学んだことで、役に立っていることがあれば教えてください。ちなみに、小澤さんは生地に詳しかったですよね?

「実はあまり生地に詳しい人っていないんですよ。僕は興味もあったので、覚えるために実際にお店に行って、生地を触って確かめたりしていました。もちろん、学校の座学をしっかり受けて教科書も読み込んでいましたね。教科書には業界人でも知らない深い内容が載っています。なので素材やマテリアルの授業など学生時代にしっかりと学んでいれば、業界に入って活躍の場を広げていくチャンスが沢山ありますよ!」

 

今後ファッション業界を目指すみなさんに向けてメッセージをお願いします。

「学歴や経歴関係なく、自分が得意なことを存分に活かせる業界です。だからこそ、どれだけの経験を積んでファッションに対する知識を身に付けているかがより重要になってくるかと思います。なのでこれからしっかりと学んで、日々感性を磨いて欲しいなと思います。ぜひみなさん頑張ってください!」

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

次回open college は8/6オンライン&来校型にて開催予定です。

詳しくは下記ページをご確認ください。

http://www.tfac.ac.jp/open_college/

 

★今年も“美トレ”8/30(日)に開催!!!!!★

日常から美しい立ち方、座り方、歩き方をしたい。

ボディメイキングや美容アドバイスなどをしてもらいたい

そんな思いをもった人、大集合♪♪

お申し込みは→こちら

【Web学校見学を随時受け付けています】
授業見学のご予約は下記URLから予約フォームでお受けしています。

見学申し込み

 

♦資料請求・学校見学・WebオープンカレッジがLINEで簡単に

申込ができるようになりました。

お友達追加お願いします♪♪

友だち追加

 

♡tfac Instagramフォローお願いします♡

@tfac__official

Instagram

 

♡tfacモデル科  Instagram♡

@tfac___model

Instagram

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★