How to achieve Press.

一般企業でいう「広報」にあたる職業です。
自社のブランドや取り扱う商品を世の中に知ってもらうため、テレビや雑誌などのメディアに取り上げてもらうよう働きかけたり、CMや広告、看板、フライヤー(チラシ)などの宣伝物を制作するほか、ショーやイベントを取り仕切るのも広報の仕事です。
またプレスには、そのブランドが理想とする人物像を体現する、シンボルとしての役割も求められます。担当するブランドのイメージに沿ったコーディネイトやメイク、ヘアスタイルで、各種のイベントに出席するのも業務の一環となります。近年ではテレビや雑誌の企画に登場したり、SNSを使用して自社の情報を発信するなど、プレス自身に対してもタレント性が求められることも。
表舞台に立つことも多く華やかな職業に見えますが、各所へのあいさつ回りや貸し出し商品の管理など、地道な作業に追われる日も多い職業です。
プレスになるには

収入や将来性

アパレル企業内で担当するブランドの広報として働く場合と、外部スタッフとして自分の人脈やスキルを元に、
独自の手法で契約先のブランドやデザイナーを売り込むなどの働き方があります。
最近のファッション業界では、以前にも増してマーケティング力で売り上げが大きく変わる時代。その原動力でもあるプレスはデザイナーやMDよりも高給を得ることもあります。平均年収は350〜600万くらいです。

向いている人

プレスには、そのブランドが理想とする人物像を体現する、シンボルとしての役割も求められます。担当するブランドのイメージに沿ったコーディネイトやメイク、ヘアスタイルで、各種のイベントに出席するのも業務の一環となります。近年ではテレビや雑誌の企画に登場したり、SNSを使用して自社の情報を発信するなど、プレス自身に対してもタレント性が求められることも。表舞台に立つことも多く華やかな職業に見えますが、各所へのあいさつ回りや貸し出し商品の管理など、地道な作業に追われる日も多い職業です。

進むべき進路

新卒者をプレスとして募集することは少なく、プレスや関連業種の経験者を中途採用したり、他の部署からプレスとしての素養が高い人物が転属されることが多いようです。
マーケティングやメディアの仕組みなど広範な知識を必要としますが、何より必要なのは自社ブランドを理解することです。個々の商品の品質的な特徴はもちろん、ブランドがターゲットとしている購買層を把握して、どのメディアにどのような形で露出することが、効率良く自社をアピールすることができるかを考えられなければなりません。

必要なスキル

人脈の広さと、モデルや広告製作の知識などファッション業界の中だけの事柄だけでなく、外部との連携に関する知識や経験が必要になります。
さらに最近ではSNSの活用など、新しいメディアの登場が活発ですので、そのような新しいメディアを積極的に取り入れ、フォロアーをたくさんつることもPRにつながります。

必要なスキル学べる学科コース

商品知識はもちろん。ファッションビジネスの仕組みなどを学ぶことが最低限必要になります。さらに展示会やファッションショーの舞台裏などを経験することが出来る学校や学科コースであればより現実に近づけると思います。
一方で、ファッション業界での現場ではSNSの活用が急激に広まり、WEBマーケティングの重要性が高まっていますのその辺の授業も大切かと思います。

役立つ資格やオススメの資格

仕事の特徴から初対面の相手にも好印象を与える、コミュニケーション能力が求められます。積極的に人脈を広げていく、外交的な性格もプレスに求められる才能のひとつと言うこともできます。プロモーションを行う場所や、タイアップする企業や商品を選定するため、世の中の流行に対するアンテナの高さを磨いておくことが必要です。
モデル科『演技実習』ワークショップ クラス内発表!

tfac Vlog.