How to achieve Fashion Advisor.

お客様のニーズに合わせ洋服(小物・雑貨)を提案し、販売する仕事です。接客・レジ販売業務のなかで、ブランドのコンセプトをしっかりと理解し、お客様に服についての説明・提案します。ほかにも店頭商品の整頓、検品など、商品管理やお店のメンテナンスも行います。
ファッションアドバイザーになるには

収入や将来性

ファッションアドバイザーの初任給は16~25万円、年収は250~400万円程度。中にはトップセールスをあげ、1,000 万の年収を得る方もいます。
ファッションアドバイザーとして現場経験を積むことでショップオーナーやさらに上の専門職への道が開けてきます。

向いている人

ファッション業界で働くなら様々な職種職業の人でも販売職を経験してから移動されることが多いです。
売り場では商品知識やお客様との共通の話題など人との交流、コミュニケーションが得意な人が向いています。

進むべき進路

服飾専門学校や短大・四年制大学からの採用が一般的で、企業への就職活動を通して就職します。
とくに今は、専門学生の採用が盛んで学生にとっては売り手市場です。
採用試験での面接では、あなたがブランドイメージに合うかどうかという点もチェックされています。店頭に実際に足を運ぶなど、しっかり企業研究をしておくことが重要です。また、実際にアパレル業界を経験している方などに話を聞いておくのも良いでしょう。

必要なスキル学べる学科コース

ファッション商材を扱う上で、商品知識はもちろん。素材知識やコーディネイト術、接客技術などの専門知識を身につける必要があります。
その為に多くの人は服飾学校で上記の知識を学べるファッションビジネス系学科への進学をしています。
販売接客実習や商品知識、素材学など自分の目的にあった内容の授業が多く行われている学校学部を選ぶことと、就職活動へのシームレスな環境が整っているかが重要です。

役立つ資格やオススメの資格

高校卒業後、①大学②短大③専門学校へ進学。専門学校では、販売士検定やファッションビジネス検定などの勉強もすることできます。実際にショップをオープンする授業もあり、実践的にアパレル業界を体感することができます。また、ファッションの専門用語や生地の特性などを勉強した上での入社となりますので、周りよりも一歩リードした状態でスタートを切れるというところも利点です。PCのスキルなども学生のうちに身につけておくと良いでしょう。
モデル科『演技実習』ワークショップ クラス内発表!

tfac Vlog.