How to achieve Stylist.

テレビやCM、雑誌、カタログなどで、タレントやモデルに着せる服や装飾品、小物などをコーディネイトする人のことです。スタイリスト事務所に所属する場合とフリーランスで活動する場合、衣装関連の会社に所属する場合などがあります。雑誌などの撮影に携わるときは、事前に撮影のコンセプトやモデルや衣装について打合わせを行い、撮影に使う衣装や小物を衣装協力してくれるプレスルーム(ブランドなどの商品を貸してくれるところ)から借り、モデルやタレントにコーディネートをして、撮影など(雑誌やテレビなど)を行います。そのあとは、借りてきた衣装その他を、借りたときの状態で、プレスルームに返却するところまでがスタイリストの仕事です。
スタイリストになるには

スタイリストに向いている人

ファッションについて強い関心をもち、個性的な表現の豊かな人が多いです。
さらに仕事の依頼や役割から編集者やカメラマン、ディレクター、タレント、芸能マネージャーなど、さまざまなスタッフとの打ち合わせをしながら、衣装や小物などのコーディネイトを決めていきますので個性だけで無く、コミュニケーション能力や信頼感も大切です。

スタイリストの仕事内容

メディアに登場するタレントやモデルの着用する衣装をコーディネイトして用意するスタイリストや一般の方向けには記念撮影やブライダルなどの特別な場面でのお仕事があります。
最近では一般の人でもプロにコーディネイトを頼むケースが増え、パーソナルスタイリストというお仕事もあります。
スタイリストはスタイリスト事務所に所属する場合とフリーランスで活動する場合、衣装関連の会社に所属する場合などがあります。雑誌などの撮影に携わるときは、事前に撮影のコンセプトやモデルや衣装について打合わせを行い、撮影に使う衣装や小物を衣装協力してくれるプレスルーム(ブランドなどの商品を貸してくれるところ)から借り、モデルやタレントにコーディネートをして、撮影など(雑誌やテレビなど)を行います。そのあとは、借りてきた衣装その他を、借りたときの状態で、プレスルームに返却するところまでがスタイリストの仕事です。

スタイリストになるために役立つ経験

スタイリングの知識や技術については日頃から様々なコーディネートを参考にして着こなしに挑戦したり、その為に常に雑誌やSNSを通して情報を収集。さらには何処のお店にはどんな服や靴があるかなどの街の情報収集も役立ちます。
またそれぞれのアパレルショップの店員さんとの会話やコーディネイトテクニックも参考になると思います。

スタイリストになるために進むべき進路

スタイリストの方々は様々な方面からスタイリストのお仕事についています。
まずは可能な限りスタイリスのお仕事の現場やスタイリストの方に近づく必要があります。
一般的には高校卒業後、スタイリストを目指す学科のある専門学校に進学することで実務についての技術や知識を身につけ、働き場所へのルートを切り開くのが望ましいでしょう。

役立つ資格やオススメの資格

スタイリストの仕事は、一般募集を行なうことはほとんどないため、コネクションが大切な世界です。研修や学校への求人で紹介を受けたスタイリスト事務所に、状況が合えば履歴書を送付また持参して、面接に臨みます。その際には、学生時代に行った研修のリストや、現場の内容、コンポジット(自身がコーディネイトした作品集)を持っていくと効果的でしょう。
モデル科『演技実習』ワークショップ クラス内発表!

tfac Vlog.